医療脱毛で赤みが続いたらどうすべきか?

赤みが残ることは、医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けた直後なら、誰にでも起こりうる現象です。赤みが生じても、ほとんどのひとは数時間~1日で治まりますし、大半の方は2~3日で元の状態に戻ります。

ただし、まれに我慢できない赤みや痛みを感じる方もおられますし、医療脱毛を受けてから2日以上経過しても症状が引かないという方も、なかにはおられます。これに該当した方は、医療脱毛を受けたクリニックだけでなく、皮膚科の病院に相談することも検討すべきでしょう。

なお、医療脱毛の痛みについては、医療レーザー脱毛の痛みと軽減策でも説明しています。

医療脱毛は非常に安全性の高い脱毛法であり、炎症などの副作用が続くことはほとんど無い医療行為です。ただし、その可能性はゼロでは無く、万が一こうした症状が自分に起こった場合に備えて、念のための知識として、赤みが続いた場合の対処法を理解しておくべきでしょう。

ここでは、医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けたあとに赤みが生じる原因や、耐えられない状態が続いた場合に対処する方法について、詳しく取り上げていきます。

なぜ医療脱毛で赤みが生じるのか

医療脱毛(医療レーザー脱毛)の施術後に赤みが生じる原因は、照射されるレーザーの熱にあります。医療レーザー脱毛は、体毛が含んでいる黒いメラニン色素が、特定の波長のレーザーが持つ熱に反応する性質を応用したものです。

医療レーザー脱毛で照射を行うと、そのレーザーが持っている熱を、体毛に含まれるメラニン色素が吸収します。そこで体毛が熱をため込み、その熱エネルギーは、毛根に存在して体毛を生成する組織ごと破壊する仕組みです。

その一方、医療レーザー脱毛は体毛にだけレーザーが当たるわけではなく、皮膚の上から照射します。レーザー自体は、人体に悪影響のあるものではありません。ただし、皮膚がレーザーの影響を一切受けないということはありません。

医療脱毛で使うレーザーは、体毛のメラニン色素が熱を吸収しやすい波長に設定されています。その一方、皮膚にも色素沈着によって黒い色素が多く含まれる部分があります。

特にホクロやシミ、あざ、日焼けした場合など、色素が多い部分への医療脱毛は、普通のクリニックであればNGとなります。日焼けしたところは、肌が元の状態に戻って色素沈着が無くなったあとなら、医療脱毛を受けることが可能です。

この他の部分であれば、医療レーザー脱毛を照射した場合、皮膚が熱を持って赤みや痛みを感じるものの、多くの場合は一時的なものです。ほとんどの方は施術後数時間~1日以内で元の状態に治まりますし、遅くとも2~3日で赤みや痛みは引いていきます。

なお、医療レーザー脱毛の基本的な仕組みについては、医療レーザー脱毛とはが参考になります。

ただし、医療脱毛を受けたあと、我慢できない痛みや赤みを感じる方や、翌日あるいは翌々日も赤みや痛みが続くような方もまれにおられます。これは個人差がありますし、同じひとでも何も感じなかった部分もあれば、赤み・痛みが続いた部分があるという方もおられます。

これに対し、医療脱毛のクリニックでは、施術後に炎症止めの軟膏・クリームを処方してくれるところがあります。なかには、この処方薬の追加費用が不要で、すべてコース料金に含まれるところも少なくありません。

医療脱毛を受けたほとんどの方は、この薬を使うことで、皮膚が元の状態に戻るまで、施術直後~翌日の赤みや痛みを抑えておくことができます。ただ、ごくまれに、この薬を使っても我慢できない症状や、翌日以降も症状が続く方もおられます。

もしも赤みや痛みが我慢できない、あるいは症状が長く続くようであれば、医療脱毛を受けたクリニックに相談するだけでなく、皮膚科の専門医の診察を受け、適切な処置を求めることをおすすめします。

医療脱毛を受けたあとの赤みや痛みがしつこく続いているのに放置してしまえば、色素沈着によるシミ・ホクロが出来てしまったり、やけどのような症状を招く恐れもあります。「おかしいな」と思ったら、早めの受診をおすすめします。

脱毛後の赤み・痛みへのセルフケア

【参考】医療脱毛の前後で注意すべき点は以下の記事が参考になります。

医療脱毛を受けたあと、赤みや痛みをなるべく低減するためのセルフケアも重要です。まずは保湿機能のある化粧水や保湿剤(ローション、クリームなど)を使って、保湿を徹底しましょう。

医療レーザー脱毛を受けたあとは、皮膚が熱エネルギーを受けたため水分が奪われ、乾燥した状態です。潤いを失った肌はカサつきやすく、赤みや痛みを招きます。このため、肌の自己修復機能を維持するため、保湿の徹底を心がけましょう。

また、脱毛後に赤みや痛みが抜けない場合は、クーリング(冷却)措置も行いましょう。保冷剤や濡れたタオルを活用し、該当する部位にあてて冷やします。

また、医療レーザー脱毛を受けたあと、赤みや痛みを感じる間は、体が熱を持つ行動は控えましょう。例えば施術を受けた日に熱いお湯の入浴やサウナ、激しい運動は避け、ぬるま湯程度のシャワーで済ませます。

当然ながら、医療レーザー脱毛を受けている間は、日焼けはNGです。先述の通り、医療レーザー脱毛は色素が熱を吸収する性質を利用した脱毛法であり、日焼けすると激しいやけどのリスクが高まります。

なお、医療脱毛を受ける方は、日焼けと毛抜きはNGです。これについては、医療レーザー脱毛に日焼けと毛抜きはNGで取り上げています。

このほか、飲酒も体があたたまる効果があるため、医療脱毛を受けた日は避けることをおすすめします。このように、脱毛後のセルフケアは、体をあたためすぎず、症状がひどい場合は冷やすことが基本です。

医療脱毛では、クーリングや保湿を行っていても、赤みや痛みは避けられず、色素沈着や黒ずみが生じることもあります。特に肌への不安を感じる方は、医療脱毛のクリニックを選ぶ段階で、こうした点を考慮することが肝心です。

肌トラブルが生じたときにどんな対応をしてくれるのかにとどまらず、医療脱毛の症例が豊富かどうか、カウンセリングやアフターケアが万全かどうか、どこまでの対処がコース料金に含まれているかといった点も、医療脱毛のクリニック選びの参考にすべきでしょう(医療レーザー脱毛のリスクと対応)。

スポンサーリンク