医療レーザー脱毛は安全か

医療レーザー脱毛は、全身のほとんどの部位に施術することが可能で、ヒゲやV・I・Oラインなど脱毛が難しいとされる部分でも安全に照射することができます。医療行為として使われるレーザー脱毛機は、クリニック(医療機関)だけが取り扱うことを認められています(医療レーザー脱毛とは)。

理論上の永久脱毛が実現できる医療レーザー脱毛は、安全性がとても高く、肌トラブルや副作用が続くリスクは非常に低い脱毛法といえます。ただし、短所が全くゼロというわけではありませんし、そこに注意さえすれば、十分におすすめできる脱毛法です。

ここでは、医療レーザー脱毛の安全性を説明し、上手に賢く利用する方法やクリニック選びのコツを取り上げます。

医療レーザー脱毛は医療機関だけ

医療レーザー脱毛は医療行為であり、クリニックなどの医療機関だけしか行うことができません。医療脱毛は、毛根や毛母細胞など、体毛を作る組織ごと破壊することで、理論上の永久脱毛が実現できる脱毛法が該当します(医療脱毛とは)。

また、医療レーザー脱毛は医療行為ですから、医療機関だけが取り扱うだけでなく、診察や施術は、国家資格を持った医師や看護師だけが行うことを認められています。医療レーザー脱毛は、医療に関する知識と経験を持った専門家のもとで受けるという意味で、とても安全な脱毛法といえます。

その一方、エステサロンや脱毛サロンなど、医療機関では無い脱毛サービスは、特別な免許や資格が無いまま、誰でも開業することができます。こうしたサービスは、医療レーザー脱毛とは異なり、永久脱毛などと名乗ることはできません(医療脱毛とエステ脱毛の違い)。

医療機関では無い脱毛サービスで幅広く見られる光脱毛(フラッシュ脱毛)は、皮膚の上から照射する仕組みは医療レーザー脱毛と同じですが、医療行為に該当する照射出力は違法であり、これに該当しない範囲で脱毛機のパワーが抑えられています。

医療レーザー脱毛が永続的な脱毛効果を持つ一定の波長のレーザーを照射するのに対し、エステなどの脱毛法は今ある体毛の除去や毛根の活動を弱める程度にとどまり、体毛を作る組織の破壊には至らないため、根本的な解決法とはなりえません(レーザー脱毛と光脱毛(フラッシュ脱毛)の違い)。

なお、市販されている家庭用脱毛器は、これよりもさらに出力が抑えられていることが一般的です家庭用脱毛器(レーザー脱毛器)はダメなのか。継続的な自己処理を繰り返さずに済むことを考えれば、やはり医療レーザー脱毛をおすすめします。

エステ脱毛のなかには、たとえ消費者をだますつもりがなくても、こうした法令上の知識や医学的な認識の欠如から、あたかも医療レーザー脱毛と同じような効果があると喧伝するサービスもまれに見られます。

医療レーザー脱毛は、医療の専門家である医師や看護師のもと、理論上の永久脱毛の効果がある脱毛機を使用して、一定の安全管理が保たれた状態で受けられる脱毛法です。万が一、肌トラブルなどが生じても、医師の診察や医薬品の処方が受けられるのも、医療脱毛だけです。

無料カウンセリングを行うクリニックを選ぼう

医療レーザー脱毛は医療行為ですから、来院していきなり照射というのは論外ですし、初回来院時には事前のカウンセリングを行う場合が一般的です。なかには、カウンセリングは無料だったり、施術を受けるかどうか判断するのはカウンセリング後でもOKというクリニックもたくさんあります。

医療脱毛のレーザーや脱毛機とはどんなものか

そもそも医療レーザー脱毛とは、一定の波長のレーザーをあてると、黒いメラニン色素を含んだ体毛がレーザーに含まれる熱を吸収する性質を応用したものです。体毛が溜め込んだ熱エネルギーが毛根まで波及して、体毛を作る組織ごと破壊する仕組みです。

医療レーザー脱毛で使われるレーザーには、アレキサンドライトレーザー(波長:755nm)、ダイオードレーザー(波長:800nm/可変)、YAGレーザー(波長:1064nm。NdYAG)などの種類があります(医療脱毛のレーザーと脱毛機の種類)。なかには可変式のレーザーもあり、さまざまな体毛が混在する箇所に高い効果を出しています。

医療脱毛なら、こうした波長の異なるレーザーを、それぞれの部位や体毛の性質に応じて使い分けることができます。また、同じレーザーであっても、照射口(照射ヘッド)、冷却装置の有無、皮膚を引き伸ばして照射したり直接接触して照射するといった照射方式、照射出力(照射のパワー)などの違いによって、あらゆる性質の体毛に対応できます。

レーザー脱毛機は、アメリカのFDA(Food and Drug Administration)の認可を受けたものが使われます。FDA=アメリカ食品医薬品局とは、医療品(医薬品、化粧品などを含む)規制や食の安全(健康食品なども含む)を管轄する行政機関です(医療脱毛・笑気麻酔の前は食事NGか/FDA認可とは)。

FDAの認可や承認を受けた脱毛機は、非常に高い安全性と、とても優れた脱毛効果が証明された医療機器といえます。もちろん、日本国内の場合、このレベルの脱毛機を使えるのは、医療行為が行えるクリニック(医療機関)だけです。

医療レーザー脱毛のクリニックを選ぶにあたっては、使用している脱毛機がFDA認可または承認を受けたものかどうかをきちんと明記したところがおすすめといえます。

医療レーザー脱毛は痛いのでは?

医療レーザー脱毛は施術中に痛みを感じることが一般的です。よく、「輪ゴムで弾かれたような痛み」と表現されることがありますが、黒々とした体毛が多い部分や、皮膚が薄い部分を中心に、多くの部分ではそれよりも明らかに激しく痛いと感じる場合が見られます。

医療レーザー脱毛の痛みと軽減策でも詳しく説明しています)

ただ医療レーザー脱毛の場合、施術中の痛みは、それだけ脱毛効果が出ている証拠でもあります。医療レーザー脱毛は体毛(に含まれるメラニン色素)が熱を吸収して溜め込む仕組みですから、激しく痛む部分ほどそれだけ熱の影響を受けているということになります。

ただ、あまりにも強い照射を我慢していると、皮膚も熱を帯びてしまい、やけどになるリスクがあります。かといって照射の出力(=レーザーのパワー)を下げすぎると、痛みは軽減されますが、脱毛効果も低下します。

このため、ほとんどの医療機関や施術者は、肌の状態や部位に応じて上手に照射出力を調整しながら、脱毛効果と肌トラブルの回避をうまくコントロールしてくれることが一般的です。

もしも、照射出力を落としても痛みを我慢できない場合は、笑気麻酔やクリーム麻酔など、施術中の痛みを軽減してくれる麻酔措置を受けられます。当然ながら、麻酔の処方も医療行為ですから、これは医師が対応する医療レーザー脱毛だけが行える措置です。

医療レーザー脱毛を受ける場合、痛いのはみんなに生じる現象です。あとは、少しでも上手に照射出力を調整してくれたり、麻酔などの要望にも臨機応変に対応してくれるクリニックが望ましいといえます。

医療レーザー脱毛のリスクとその対応

医療レーザー脱毛は非常に安全性が高く、ほとんどリスクが無い脱毛法です。もちろん、そのリスクがゼロというわけではなく、まれに肌トラブルを引き起こすことがあります。ここで、そのリスクが生じる場合を取り上げます(医療レーザー脱毛のリスクと対応も参考になさってください)。

まず、医療レーザー脱毛を受けたあと、大半の方は赤みや炎症を感じます。これは、医療レーザー脱毛が肌の上から照射を行うため、体毛だけでなく、皮膚も熱を持つことによるものです(医療脱毛で赤みが続いたらどうすべきか?)。

ほとんどの方は、施術を受けたあと数時間~1日で赤みや炎症が治ります。遅い方でも2~3日で元に戻ることが一般的です。クリニックでは、元に戻るまでの間の炎症止め(軟膏またはクリーム)を処方してくれる場合が多く、なかには無料で処方するところも少なくありません。

もしも、2~3日過ぎてからも痛み・炎症が続いたり、やけど・湿疹・色素沈着・あざ・ホクロなどが生じた場合は、医療脱毛を受けたクリニックだけでなく、専門の皮膚科医に相談することもおすすめします。ただ、こうしたリスクは非常にまれなケースといえます(医療脱毛と火傷(やけど)リスクへの対応)。

このほか、脱毛後に毛のう炎(体毛が皮膚の内部に潜り込む)が生じたり、かえって体毛が増毛化・硬毛化するリスクが挙げられます。これらも非常にまれなケースです。また、増毛化・硬毛化した体毛は、再度照射すれば他の体毛と同様の永続的な脱毛効果が得られることがわかっています(増毛化・硬毛化とは)。

毛のう炎の場合も、そのほかの肌トラブルの場合も、医療脱毛を行うのは医療機関であるクリニックですから、医師の診察や医薬品(内服薬、塗布薬)の処方を受けることができます。万が一、症状が重かったり、長続きする場合は、他の医療機関で皮膚科の専門医の診察を受けることをおすすめします。

医療レーザー脱毛が向かない場合

医療レーザー脱毛はとても安全性が高く、永続性を持った脱毛法ですが、あまり効果が出ない場合や、そもそも医療レーザー脱毛が向かない場合があります。

まず、日焼けや色素沈着・あざ・ホクロがある部分、色黒の方は医療レーザー脱毛が受けられないことが一般的です。こうした場合は、皮膚に黒いメラニン色素を含んでいるため、肌の上から照射すると体毛だけでなく皮膚も多くの熱を吸収し、深刻な肌トラブルを起こす可能性が高まります。

このうち、日焼けの方は、焼いた肌が元に戻れば医療レーザー脱毛を受けられます。あざや怪我した部分も元の肌の状態に戻れば施術が受けられます。

また、産毛や白髪の場合も、医療レーザー脱毛は向きません。ただし、レーザーや脱毛機に関する研究開発が進み、機種によっては、産毛にも効果があると考えられるようになっています(医療脱毛のレーザーと脱毛機の種類)。

医療レーザー脱毛はクリニック選びが大切

医療レーザー脱毛は体毛の成長サイクル(毛周期)を考慮して、おおよそ2ヶ月(1ヶ月半~2ヶ月半)おきに施術を受け、5~8回の施術で完了する場合が一般的です(毛周期と施術間隔について)。

もちろんこれは平均的な毛質の一般的な場合であり、実際には施術部位や体毛の性質など個人差によって、これより少ない回数で早く済む場合もあれば、多い回数でより長い期間で完了する場合もあります。

しかし、どれだけかかった部位が生じたとしても、1回あたりの脱毛効果が高いため、エステ脱毛のように15~20回もかかるということはありません。ほとんどの場合は1年~1年半、長くかかる場合でも10回前後を2年以内で終えるケースだといえます。

医療レーザー脱毛は非常に安全で、理論上の永久脱毛が確実に得られる脱毛法です。それだけに、申し込んだコースの有効期間が長いかどうか、医師・脱毛機・料金などの情報が明示されているかどうか、リスクやデメリットもきちんと説明されたかどうかで選ぶと良いでしょう。

カウンセリングを受けただけで、施術を受けなければいけないことはありません。疑問点は自分が納得行くまで説明を求め、より良いクリニックを選んで受けることが大切だといえます。

スポンサーリンク