医療脱毛とエステ脱毛の違い

今回は、医療脱毛(医療レーザー脱毛)とエステ脱毛(光脱毛、フラッシュ脱毛)の違いを取り上げます。両者にはさまざまな違いがありますが、その違いを決定づけているのは「医療行為かそうでは無いか」の違いだといえます。

ここでは、医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いを、さまざまな観点から取り上げ、詳しく説明していきます。

医療脱毛は医療行為

レーザー脱毛は医療行為であり、法律上、医師の診察や指導のもとで行うことが義務付けられています(医療レーザー脱毛)。レーザー脱毛を行うことは、医療機関(クリニック)でしか認められていません。

その一方、エステサロンなどが行う脱毛は、医療行為に該当しないものです。医療行為では無いため、医師の診察、麻酔措置、医薬品の提供を受けることができません。痛み止めや炎症を抑えるクリーム・内服薬についても、医薬品に該当するものは処方されません。

医療機関とエステサロンで行う脱毛方法は、メラニン色素が反応する原理を利用して、特定の波長の光(レーザー)を照射するという仕組みを採用している点は同じです。ただし、エステサロンのレーザー照射は、医療行為に該当しないよう照射時の出力を抑えています。

医療レーザー脱毛では、強い出力のレーザーを照射することで、体毛や毛根に熱が発生します。この熱エネルギーを利用して、髪の毛のもとになる毛母細胞や、毛母細胞の分裂を促す毛乳頭が破壊されます。

その一方、エステサロンの脱毛は、医療行為に該当しない、つまり、毛根を構成して体毛を生成する組織を破壊することが無い程度の照射を行います。このため、エステ脱毛の照射は出力を抑えたり、熱エネルギーが分散する光脱毛器を使用します。

医療脱毛は脱毛効果が半永久的

医療レーザー脱毛とエステ脱毛では、先述通り使用する照射機器の違いから、脱毛効果やその効果の持続性にも違いが出てきます。

まず、医療レーザー脱毛では、体毛のもととなる毛母細胞や、毛母細胞の細胞分裂を促す毛乳頭にまで作用が及び、これらの毛穴から下に存在して体毛を作る組織ごと破壊することができます。

このため、医療レーザー脱毛は理論上、その毛穴から二度と毛が生えなくすることが可能です。ただし現実には、毛の状態やレーザー機器の種類や出力が関係するため、100%完全には破壊されない場合もあります。

それでも、医療レーザー脱毛は、非常に長期間に渡って、毛が再生されることがほとんど無い「半永久的な脱毛」といえます。なお、「永久脱毛」について、アメリカでの定義や日本国内での一般的な認識について、「永久脱毛」の意味は?で取り上げています。

これに対し、脱毛エステで使われる光脱毛器は、毛乳頭や毛母細胞を破壊するレベルのものが認められておらず、毛根の活動を弱める程度にとどまります。レーザー脱毛機の使用は、医療機関でしか認められません。

なお、どちらの脱毛の場合も、1回で施術を終えるということはありません。体毛は成長期→退行期→休止期という成長サイクルを繰り返しており、このうち脱毛の効果は成長期の毛にのみ見られるためです。

医療脱毛とエステ脱毛の施術回数と期間

医療レーザー脱毛とエステ脱毛では、照射による1回あたりの脱毛効果に違いがあることから、同じ脱毛効果を得ようとすれば、短期間で済ませることができる医療脱毛に対して、エステサロンの脱毛はとても長期間に何度も受ける必要が生じます。

医療脱毛のレーザー脱毛は、1~2年の間に5~8回の施術で完了する場合が一般的です。これに対し、エステサロンの脱毛は、2年以上かかることが珍しくありませんし、15回や18回というコースもあります。

これに加えて、エステサロンの場合は、過度な勧誘を受けるということもあります。医療脱毛だからといって勧誘が全くないわけではありませんが、医療機関だけに多くのクリニックではしつこい勧誘を行うということはほとんど無いといえます。

その一方で、エステ脱毛では会員の数が多く、予約が取りにくいという点も少なくないといえます。医療レーザー脱毛の場合は、クリニックの方針次第とはいえ、患者数を過剰に抱えるということは少なく、予約が取りやすい医療機関がほとんどだといえます。

医療脱毛の痛みとケア

ここまで、医療レーザー脱毛の良い面ばかりを見てきましたが、デメリットが無いわけでもありません。やはりエステサロンの脱毛に比べると、医療脱毛は施術中の痛みは避けられないといえます。

医療レーザー脱毛に関してよく言われるのは、「輪ゴムで弾いたような痛み」があるということです。実際には脱毛部位によって違いますし、個人差もあるものの、これよりは明らかに痛い感覚を受けるといえます。

医療脱毛もエステ脱毛も、照射された体毛で熱が発生し、その熱エネルギーを利用して体毛や毛根の組織にダメージを与える脱毛方法です。特に毛を生成する組織を破壊するわけですから、医療脱毛における施術中の痛みは、我慢することが難しい場合もあります。

その一方、エステサロンの脱毛は、出力を抑え、体毛や毛根への影響が比較的弱い光を照射するため、医療レーザー脱毛ほどの痛みを感じることは少ないといえます。

どちらの場合も施術中の痛みが全くゼロということはありませんが、医療レーザー脱毛の場合は医療機関ですから、我慢できない場合は麻酔をお願いすることもできます。麻酔は医療行為ですから、エステサロンでは受けられない措置です。

医療レーザー脱毛で受けられる麻酔は、笑気麻酔やクリーム麻酔と言われるものです。笑気麻酔は亜酸化窒素と酸素によって構成されたガス麻酔であり、クリーム麻酔はクリームを塗布する麻酔であり、どちらも安全性はとても高い麻酔です。痛みが気になる方は、気軽に相談してみましょう。

なお、医療レーザー脱毛もエステ脱毛も、施術の回数を重ねるごとに、毛が細く少なくなっているため、施術中の痛みは軽減していきます。これは、どちらの脱毛方法も、熱が発生するのは、体毛のメラニン色素が反応するためです。

料金はエステ脱毛が割安

料金という観点では、やはり医療レーザー脱毛はエステ脱毛より明らかに高いと思います。1回あたりの料金にも差がありますし、エステサロンは各種割引やキャンペーンを実施しているところが数多くあります。

その一方、医療行為として行う医療レーザー脱毛は、医師や看護師が取り組み、脱毛機器、施術中の冷却措置、痛みや炎症を抑える軟膏(クリーム)の処方など、しっかりとしたケアを用意したぶんだけ割高になるといえます。

ただし、エステサロンの脱毛器は照射パワーが低く、同じ脱毛効果を得ようとすると医療脱毛より長い期間に渡って何度も施術を受ける必要が生じます。脱毛を完了させるまでに要するトータルの出費は、医療脱毛のほうが低く済むこともあります。

肌トラブルへの対処の違い

医療脱毛もエステ脱毛も、熱エネルギーを利用した脱毛法です。ほとんどの方は、脱毛を受けた直後は痛み・赤みや炎症を感じることがあると思います。大半の方は2~3日で治まりますが、まれに症状が止まらない方やヤケドを負う方もおられます。

こうした肌トラブルはどちらの脱毛法でもありうることですし、特に医療脱毛は照射出力が強いぶん、ヤケドの可能性もゼロではありません。

こうした脱毛の施術に伴う肌のトラブルに対し、医療レーザー脱毛の場合は医療機関ですから、医師に相談して診察を受け、軟膏・クリームや内服薬などの処方といった適切な治療を受けることができます。

その一方、エステサロンは医療機関では無いため、肌トラブルが生じたときに医療行為を行うことが出来ません。医師に診てもらったり、医薬品を処方してもらうといったケアを受けることが認められていません。

医療レーザー脱毛のなかには、万が一こうしたトラブルが発生した場合には優先的に予約を受け付け、医師の診察や薬の処方といった治療を、追加料金無しで提供するクリニックもあります。

医療脱毛とエステ脱毛の違い:まとめ

ここまで見てきて、確かに1年とか5回とか同じ回数で区切った場合、医療レーザー脱毛はエステ脱毛に比べて2~3倍の料金がかかります。しかし、医療レーザー脱毛は半永久的な脱毛効果が得られますし、1回あたりの脱毛効果は非常に高いといえます。

同じ脱毛効果を目指そうと思ったら、医療レーザー脱毛なら1~2年で永続性がとても高い脱毛が完了しますが、エステ脱毛は2年以上かかることも珍しくありません。結果的にトータルの出費はエステ脱毛のほうが高くなるケースも少なくないといえます。

やはり、半永久的な高い脱毛効果を短期間で目指そうと思うのなら、医療レーザー脱毛を受けるべきですし、肌トラブルが生じた時の医療行為としての適切なケアが受けられるのも、医療レーザー脱毛だけです。

スポンサーリンク