医療レーザー脱毛と針脱毛の違いを比較

医療レーザー脱毛と針脱毛の違いを比較

医療脱毛には、針脱毛レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)があります。どちらも、熱エネルギーを利用して毛の生成組織を破壊する医療行為という点は同じですが、両者には大きな違いがあります。

針脱毛と医療レーザー脱毛はどう違うの?

ここで、針脱毛と医療レーザー脱毛の違いについて、列挙してみました。

針脱毛
  1. 毛穴1本1本に電気針(絶縁針)を差し込んで電流を流し、その熱エネルギーで毛の生成組織を破壊する脱毛法。
  2. 毛の色素に関係なく組織を破壊できるため、白髪や産毛、薄くて細い毛にも効果がある。程度にもよるが、日焼け肌や色黒肌でも使えると言われる。
  3. 高額で効率は悪いが、確実な脱毛効果があり、局所的にどうしても脱毛したい箇所に向いている。
  4. 電気針を差し込む手間がかかるため、施術時間が長い割に施術範囲が狭く、効率が悪い。一度に広範囲を行うことはできない。
  5. 高度な熟練の技術が必要。全国どこでも優良なクリニックで受けられるとは限らない。
  6. 施術中の痛みが強く、施術後の肌トラブルのリスクも高い。
  7. 電気針1本(毛穴1箇所)または施術面積ごとに料金がかかるクリニックが多い。
  8. 非常に高額で、両脇だけでも施術完了まで10~15万円でかなり安いほう。
レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)
  1. あらかじめ剃毛した上で、肌の上からレーザーを照射し、皮膚内部の毛とその先の生成組織ごと破壊する脱毛法。
  2. 毛の黒い色素が特定のレーザーの熱エネルギーを吸収する性質を利用した脱毛法。このため、黒々とした毛や、いわゆる剛毛ほど効果がある。
  3. 以前は白髪や産毛には効果が無いと言われて来たが、レーザー(脱毛機)の種類もさまざまで、こうした毛に効果が認められる脱毛機も登場している。
  4. 日焼け肌、色黒肌、デリケートな肌には不向きと言われてきた。ただし、これらでも使えるレーザーや脱毛機も登場している。
  5. 広範囲を効率よく施術することが可能で、施術時間が短かく、費用を抑えることができる。全身脱毛5回コースでも10万円台というクリニックも増えている。
  6. 医師が診察した上で、看護師が施術を行うクリニックが一般的。全国的に広く普及している脱毛法。
  7. 施術中の痛みがゼロでは無いが、針脱毛に比べれば肌トラブルの可能性は非常に低い。
  8. クレジット対応や月々の分割払いなど、さまざまな部位を対象に豊富な料金プランや支払い方法が用意されている。

医療レーザー脱毛と針脱毛を比較した結果、どっちがいいの?

医療レーザー脱毛と針脱毛を比較すると、豊富な施術実績、全国的な普及度、選べる支払い方法や多彩な料金プラン、効率良い施術範囲の広さを考えると、初めての医療脱毛としては、まずは医療レーザー脱毛がおすすめできます。

その一方、針脱毛は、施術範囲を絞ったピンポイントな脱毛に適切ですし、あらゆる毛質・肌質の相談にも対応できます。医療レーザー脱毛で施術完了した方の中でも、どうしてもガンコな剛毛が残ったという場合に限れば、局所的に確実な針脱毛を検討することもおすすめできます。

医療レーザー脱毛を受ける場合、毛根が奥深くに根を張った剛毛だけでなく、産毛や白髪、細くて薄い毛、あるいは、日焼け肌や色黒肌にも対応できるよう、使用するレーザーや脱毛機にもたくさんの種類があります。

医療レーザー脱毛のクリニックでは多くの場合、初回のカウンセリングは無料です。どんなレーザーや脱毛機を導入して、どんな特徴があるかといった点や、自分の肌質・毛質を直接見てもらって、どれだけ対応してもらえるかなど、質問をぶつけてみれば、丁寧に教えてくれるクリニックもたくさんあります。

針脱毛は、非常に高額で全国的にあるわけではなく、広範囲の施術にも不向きです。まずは医療レーザー脱毛で一通り施術完了した後、多くの方は十分に脱毛効果を実感すると思います。現在ではさまざまなレーザーや脱毛機の種類があり、自分に合ったより良いクリニックを選べます。

参考医療レーザー脱毛とは

参考針脱毛とは