男性器(陰茎・陰嚢)の脱毛

今回は、男性器の脱毛を取り上げます。男性器の脱毛は、陰茎(ペニス)、陰嚢(睾丸)を含みます。また、主に医療レーザー脱毛を想定した医療脱毛を説明します。

男性器は皮膚が薄く、複雑な形状をしており、色素沈着が多く見られる部位です。このため、医療脱毛のなかでも施術中の痛みを特に強く感じたり、まんべんなく照射することも難しい部位です。

男性器の医療脱毛を安心して受けるには、長年の運営実績がある医療機関や、脱毛専門のクリニックといった、男性器の照射における高い技術を持ったところを選ぶと良いでしょう。

この部位は形状が複雑で、丁寧に照射する必要があります。照射時間の目安は30分程度が平均的なラインだと思います。また、医療脱毛のなかでも、特に強い痛みを感じやすい部位といえます。

特に陰茎(ペニス)は色素沈着(黒ずみ)が大きな部位ですので、我慢できない痛みを感じる方が多いと思います。笑気麻酔を希望する方も少なくありません。陰嚢(睾丸)も、陰茎(ペニス)ほどでは無いにせよ、やはり非常に強い痛みを感じやすい部分です。

医療レーザー脱毛は、体毛に含まれる黒いメラニン色素がレーザーの熱を吸収する性質があることを利用した脱毛法です。その一方、照射部位の皮膚が黒ずんでいると、皮膚も体毛と同じように熱を持ってしまい、ヤケドなどの肌トラブルの可能性が高くなります。

このため、多くのクリニックでは、色素沈着の大きなところでは、ヤケドなど起きないように、はじめはレーザーの照射出力を低めに設定し、肌の状態や本人の痛みの感じ方などを見ながら、徐々に調整して施術を行います。

レーザーのパワーを下げすぎても十分な脱毛効果が得られませんし、上げすぎるとヤケドなどの可能性が高まります。このため、専門技術を持ったスタッフが細心の注意を払いながら、個々の状況に応じて調整しながらの照射を行います。

実際の照射ですが、陰茎(ペニス)の本体から根元の部分にかけては、細かい部分への照射が可能なヘッドを使います。陰嚢(睾丸)に関しては、袋の部分を伸ばしながら照射口の大きなヘッドを使うことが多く見られます。

男性器の脱毛と陰茎(ペニス)

男性器の脱毛はなかなかひとには言えないことですし、施術中も恥ずかしいのでは無いかと感じる方も多いと思います。ただ、実際に施術を受けると、とても激しい痛みを感じることが多いこともあって、恥ずかしいどころでは無いという方が少なくないと思います。

特に医療脱毛の場合は、男性の性器や肛門周りなどデリケートゾーンの施術は、基本的に男性看護師が行うというクリニックが多く見られます(医療機関以外のエステサロン脱毛では女性スタッフが対応することもあるようです)。

男性器の脱毛は、同じ男性看護師のほうが要領も心得ており、さまざまな質問もしやすいという利点があります。男性の方のなかには、「施術中に勃起するかもしれない」と心配するひともいます。

デリケートなゾーンだけに、施術中の緊張と恥ずかしさから勃起することを心配する男性もおられます。ただ、施術する男性看護師の側からすると、「よくあることの1つ」に過ぎませんし、医療脱毛も医療行為の一環ですから、何も思わず施術に集中されると思います。

実際に照射が始まれば、とても激しい痛みを感じることが強く、勃起したからといって「それどころじゃない」というほうが多いといえます。もちろん、勃起したからといって、施術に影響することはありません。

その一方、男性器にレーザー脱毛を行うことで、なにか生殖機能に影響があるのではないだろうかとか、ED(勃起不全)になるのではないか、などと思う方もおられます。

こうした男性器が持つ生殖機能や性行為を行う機能に関して、医療脱毛が影響を及ぼすということは全くありません。こうした情報に、医学的な根拠は全くありません。医療脱毛を考えている方は、安心して施術を受けられます。

男性器の脱毛とセックス

一般に医療脱毛を受けた日は、激しい運動や肉体労働、飲酒や熱い湯に長時間入浴することなど、体が熱を帯びるような行為は避けるべきだとされます。また、特に男性器だからというわけでも無いのですが、脱毛した日のセックスも控えたほうが良いでしょう。

こうした行為を行ったからといって、特に身体に重大な影響が出るとは考えにくいものの、肌の抵抗力が低下した状態で激しい運動を行えば、皮膚の赤み・かゆみ・炎症やほてりといった症状が悪化することも考えられます。ほとんどの場合は問題無いとはいえ、なるべく控えるようにしましょう。

医療脱毛の施術後しばらくは、肌が熱の影響を受けている状態ですから、皮膚の抵抗力や自己補修能力が低下しており、軽い炎症にようなダメージを受けたようになっています。

これはもちろん、皮膚が自らの力で回復しようとする作用のため、ほとんどの方は数時間~1日、遅くとも2~3日で元に戻ります。これは男性器の施術に関して言えば、施術を受けた日は激しい運動を避けてほしいという点と関わってきます。

男性器の脱毛と毛の量

男性器の脱毛は、スッキリとツルツルな脱毛を希望する方もいれば、全体的な毛の量は減らしつつ、不自然にならない程度に減毛したいという方もおられます。

医療脱毛では、一度の施術で全ての毛が抜け落ちるわけではありません。体毛は施術の10日~2週間後で抜け落ちることが一般的です。1ヶ月たっても綺麗に生え揃わないときもあります。

一般的には、1~3回目の施術で全体的な毛の量を減らすことができます。その後は、完全にツルツルにしたい方は引き続き同じ要領で施術を行い、ある程度残した減毛で良いという方は、毛が生え揃うまで時間を置いてみて、その様子を見ながら判断できます。

毛が生え揃った時点で、従来通り照射を続けるかどうかの判断を行い、理想の毛の量にすることが出来るのは、医療脱毛の大きなメリットといえます。まずは初回のカウンセリングや受診時点で、希望する毛の量を相談してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
部位別のポイント
医療脱毛ガイド