「永久脱毛」の意味は?

「永久脱毛」の意味は

医療脱毛に限らず、「永久脱毛」という言葉が使われることは少なくありません。永久脱毛と聞くと、本当に全く毛が生えてこない状態になるのかと思われる方も多いと思いますが、そもそも「永久脱毛」が意味しているのはそのような状態ではありません。

「永久脱毛」とはどういう状態を指すの?

まず、「永久脱毛」という言葉の意味については、アメリカ最大の電気脱毛士の団体であるアメリカ電気脱毛協会(American Electrology Association)による「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」という定義が広く知られています。

この定義は、1ヶ月という比較的短期間で再生ラインが2割以下という非常に緩い基準ではあります。実際に医療レーザー脱毛を受けた大半の方は、もっと長期間にわたって極めて低い再生率にとどめることを実現できています。

関連医療レーザー脱毛とは

また、アメリカの食品、医薬品、医療機器、化粧品などの専門的に取り扱う行政機関、FDA(アメリカ食品医薬品局)の基準は、「レーザーを3回照射後6か月経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態を「永久脱毛」状態と定義しています。

この基準は、アメリカ電気脱毛協会よりも更に緩い基準といえますし、日本における医療行為としてのレーザー脱毛は、これよりも非常に長期間に渡る脱毛の維持が可能です。

日本でも永久脱毛は可能?

日本においても、例えば医療脱毛のリゼクリニックは、「高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法」と説明しています。どちらにせよ、産毛1本100%毛が生えなくなるとは言っていませんが、相当の割合で再生率が低い状態を永続的に維持できる脱毛法といえます。

実際に日本における医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けた方の大半は、上記で説明した理論上の「永久脱毛」の定義に比べて、はるかに高い割合で、かなりの長期間に渡って、新しい毛が生えてこなくなる状態を永続的に維持しています。

どうして永久脱毛が出来るの?

永久脱毛が可能なのは、そもそも新しい毛を作ろうとする組織を破壊するからです。毛包に存在する毛根、毛母細胞、毛乳頭、あるいは、バルジ領域に存在する毛の生成組織ごと破壊することで、脱毛した部位からは、新しい毛の再生がなくなります。

医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、体毛が持つ黒い色素が、特定のレーザーに含まれる熱エネルギーを吸収する性質を利用したものです。皮膚の上からレーザー照射を行うことで、皮膚内部の体毛が熱を吸収し、その熱が毛包などに波及することで、これら毛を作る組織ごと破壊されます。

参考医療レーザー脱毛とは

永久脱毛は医療脱毛だけが出来る

日本では、永久脱毛ができるのは、医療脱毛だけです。毛を作る組織まで破壊することは、医療行為と規定されており、医療機関(クリニック)以外は認められません。このため、永久脱毛を可能にする医療脱毛を行えるのは、クリニックだけということになります。

その一方、エステやサロン、家庭用脱毛器など、フラッシュ脱毛(光脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛など)と呼ばれる脱毛法は、皮膚の上から照射する点は同じですが、体毛を生成する組織の破壊は禁止されています。

このため、これら医療機関ではない脱毛サービスでは、照射する熱の出力が抑えられており、毛包やバルジ領域に存在する生成組織の破壊には至りません。医療脱毛では無い脱毛法は、一時的な除毛や減毛にとどまり、新たな毛が再生するため、根本的な解決とは言えません。

関連医療脱毛とエステ脱毛の違い

理論上の「永久脱毛」を遥かに上回る、相当の割合の毛を永続的に再生させない脱毛法は、医療脱毛だけだといえます。それは、体毛を作る組織ごと破壊できるからです。