医療脱毛はどんな服装で行ったら良いか?

医療脱毛を受ける際の服装は、当然ながら脱毛しやすい服装ということになります。施術部位を意識して着脱しやすい服装ということが基本といえます。

特に複数の部位を一度に施術してもらう場合であれば、スムーズに医療脱毛が進むように、着脱しやすい、あるいは、脱いだり着たりしやすい服装ということもいえます。

ただ、単に着脱しやすいということではなく、服装をめくってもらったり、まくり上げてもらうということもあります。これは施術してもらう部位はどこなのかよく考えた上で、時間を少しでも無駄にせず、円滑に施術が進むように考えて服装を選ぶべきといえます。

また、施術時間の間は少しでも緊張せず、リラックスして過ごせるように、楽な服装で来院することをおすすめします。少なくとも、締め付けがある服装は避けるべきでしょう。

さらに、詳しくは後述しますが、クリニックの施術室はややヒンヤリしています。冷えに敏感な方は、施術に関係無い部分は少し暖かめの服装を考慮して良いと思います。

ここまでは、施術中の服装ですが、医療脱毛を受け続けている間の服装としては、肌の露出を極力避けることがおすすめです。これも詳しくは後述しますが、通院時に限らず、特に屋外や外出時の服装です。

部位別・医療脱毛の服装のポイント

医療レーザー脱毛を受ける場合の服装について、部位別に見ていくと、まず顔の脱毛では、服装に気をつける必要はありません。ただし、事前にメイク・化粧を落としてもらうことが必要だと思います。

顔から首周りにかけて施術を受ける場合は、当然ながら首がちゃんと見える服装や、胸元が開いた服装が望ましいといえます。また、女性の場合、着ている服装では施術しにくい場合に備えて、下にキャミソールを着ておくのも良いでしょう。

ワキ脱毛の場合は、男性も女性もトップスを脱いでもらうことが多いと思います。ただし、女性の場合は全部脱がなくても、キャミソールあるいはブラジャーを着用した状態で施術が可能です。

上半身(胸、背中、お腹など)の医療脱毛では、トップスはすべて脱いでもらうことが多いと思います。お腹だけなら服装をめくってもらうだけということもあります。

この場合気をつけておきたいのは、下半身の服装です。確かに上半身の施術には関係無いのですが、施術時間が比較的長いときもあるため、キツめのタイトな服装は避けるべきです。男女ともパンツスタイルで良いので、リラックスできる楽な服装にしましょう。

VIOラインの脱毛では、下着まで全部脱いでもらうことが多いと思います。脱ぎやすいパンツスタイルで良いと思います。ただ、女性の場合は、下着を脱ぐだけで済むように、めくり上げやすいスカートを履いて行くのも良いでしょう。

お尻周りや太ももより先の足だけなら、下着を脱ぐ必要はなく、ボトムスを脱いでもらうだけで良いでしょう。ただ、施術直後は肌の抵抗力やバリア機能が低下しており、タイトなパンツなどを着用していると、摩擦によって肌トラブルのもとになるため、ゆるめの服装を着ていくべきです。

ところで、医療脱毛のクリニックの施術室は、一般的にはややヒンヤリとした印象を受けます。これは、稼働を続けている脱毛機は熱に弱く、オーバーヒートの可能性があるため、少し冷えた程度の部屋で施術を行っているためです。

このため、足の甲・足の指・膝下など、靴下を脱ぐ必要がある場合を除けば、やや暖かめの靴下を履いておくと、冷えや寒さを軽減できると思います。

医療脱毛を受けている間の服装

その一方、医療脱毛を受けている期間中は、肌の露出が多い服装は極力避けるべきです。例えば、腕の脱毛を行っている間はノースリーブは避けるべきですし、足の脱毛を受けている間は長めのスカートをはくようにしましょう。

医療レーザー脱毛の施術を受けている間は、日焼けはNGです。日焼けによって色素沈着が生じてる部位は、照射したレーザーに皮膚の色素が反応することで、ヤケドに至るリスクが高まるからです。

また、医療レーザー脱毛を受けている間は、皮膚の自己補修能力が低下し、お肌のバリア機能が弱まっている状態です。例えば、顔の脱毛を続けている間は、外出時に帽子をかぶるなど、日常から気をつけておきましょう。

このように、医療脱毛を受けている間は、屋外への外出時の服装は、特に皮膚へのダメージに注意して、なるべくお肌を露出させない服装に注意しましょう。