医療レーザー脱毛で肌が綺麗になるのか?

医療レーザー脱毛は、肌を綺麗にするためのレーザーとは異なるレーザーを使っています。しかし、レーザーそのものというよりも、医療レーザー脱毛の施術を受けることで、結果的に肌が綺麗になる効果を期待することができます。

今回は、医療脱毛と美肌治療のレーザーの違いや、医療レーザー脱毛を受けることで期待できる肌が綺麗になる効果について取り上げます。

医療脱毛と美肌治療のレーザーの違い

医療脱毛で使われるレーザーは、アレキサンドライトレーザー(波長:755nm)、ダイオードレーザー(波長:800nm/可変)、YAGレーザー(波長:1064nm。NdYAG)が挙げられます。

その一方、美肌治療で使われるレーザーは非常にさまざまな種類があるのですが、例えばCO2フラクショナルレーザー(フラクショナルCO2レーザー)は10,600nm、ルビーレーザーは694nmなどとなっています。

医療脱毛・美肌治療どちらの場合も、医療行為としてのレーザー治療は、体毛や皮膚に含まれる黒い色素が、一定の波長のレーザーに含まれる熱を吸収する性質を応用したものです。色素が吸収した熱エネルギーが、不要な組織を破壊する仕組みとなっています。

ただし、医療脱毛と美肌治療では、使用するレーザーの波長が異なります。医療脱毛の場合は、皮膚内部の毛根に存在して体毛を作る組織の破壊に効果があるレーザーを採用しています(ダイオードレーザーは、可変=波長を変えることができるレーザーです)。

その一方、波長が短いルビーレーザーは、皮膚表面に見えるシミやそばかすの除去に大きな効果を発揮します。波長が長いCO2フラクショナルレーザーは、毛穴の開き、ニキビ跡の凹凸の改善、肌のくすみやしわ、妊娠線にまで効果があるとされています。

このように、医療脱毛のレーザーは、美肌治療のレーザーとは異なるため、肌が綺麗になる直接的な効果があるわけではありません。ただし、原理的には同じ仕組みであり、肌への良い効果を同じように感じる方がおられるかもしれません。

医療脱毛は健康的な肌をもたらす

医療レーザー脱毛は、体毛が作られないようにする脱毛法です。今まで毛が伸びてきた毛穴から新しい体毛が生えなくなることで、毛穴が目立たなくなり、毛が出て来ることが無い毛穴は引き締まって見えます。

このように、毛穴が締まって見えることから、少なくとも外見上は肌が綺麗になってきたと感じる方が少なくありません。医療脱毛のレーザーそのものに美肌効果が無くても、医療脱毛を受けることで、肌が綺麗に見える効果を感じることはあると思います。

また、医療脱毛を受けることで、今まで自己処理を行っていた方は、肌が従来よりも健康的に見えてくると思います。ムダ毛の処理を継続的に行ってきた方は、それだけ皮膚にも負担を与えていたため、医療脱毛によってその負担が軽減されていきます。

カミソリ、毛抜き、脱毛器、除毛クリームなど、どれを使う場合でも、ムダ毛の自己処理は肌を傷つけます。その結果として肌に余計な負担をかけ、毛穴の黒ずみ、埋もれ毛、肌の乾燥などを招く可能性もあります。

医療レーザー脱毛を受けることで、ムダ毛の自己処理を行う必要がなくなり、肌が傷ついたり、肌荒れが起きるといったリスクもなくなっていきます。日常的な肌のダメージがなくなることで、持続的に健康的なお肌を保つことができるといえます。

スポンサーリンク