医療レーザー脱毛に日焼けと毛抜きはNG

医療レーザー脱毛を受ける場合、日焼けと毛抜きを行うことはNGだといえます。これは特に、医療脱毛のメカニズムや肌トラブルのリスクと関係しています。ここでは、どうして日焼けと毛抜きがダメなのかについて、それぞれの内容を詳しく取り上げます。

なぜ日焼けは医療レーザー脱毛NGなのか

日焼けは、黒い色素が肌に集まって、皮膚に色素沈着が生じている状態です。その一方、医療レーザー脱毛は、黒い色素が反応する一定の波長のレーザーを照射することで、体毛に熱エネルギーを生じさせ、その熱が体毛を作る組織ごと破壊する仕組みです。

ここで、医療レーザー脱毛は肌の上からレーザーを照射するため、肌が日焼けしていれば、黒い色素を持つ体毛だけでなく、色素沈着している肌も熱エネルギーを吸収してしまいます。肌が熱を持つということは、それだけヤケドのリスクが高まるということです。

日焼けした箇所は、医療レーザー脱毛を受ける場合、ヤケドのリスクを避けようとすると、照射出力を下げるしかありません。そうなるとレーザーのパワーも低下し、脱毛効果も下がるため、日焼け部分の施術を受けても、あまり意味がありません。

このように、日焼けした箇所はヤケドのリスクが高いだけでなく、たとえ照射を受けても高い効果は得にくいため、医療レーザー脱毛は避けるべき部分と言えます。

これとは逆に、医療レーザー脱毛の施術後も、日焼けはNGといえます。レーザーは体毛だけでなく、皮膚にも負担を与えており、肌の補修・保湿能力が弱まります。医療レーザー脱毛を受けている間に日焼けをすることは、色素沈着によるシミや炎症などのリスクがあるため、特に注意して避けるべき事柄といえます。

針脱毛は日焼けOKというけれど

なお、一部の医療機関が行う針脱毛は、日焼けや色素沈着を持った部位でも処置が可能とされています。針脱毛は1本1本の毛穴に絶縁針を差し込んで電流を流す脱毛法です。

針脱毛も医療レーザー脱毛も、体毛に熱を生じさせて体毛を生成する組織ごと破壊するメカニズムは同じです。ただし針脱毛は、皮膚の上から照射するレーザー脱毛と異なり、体毛に直接電流を流す方法ですから、肌が日焼けしても色素沈着があっても、脱毛効果が維持できる方法です。

その一方、針脱毛はレーザー脱毛よりも確実性の高い方法ですが、費用が極めて高額になること、非常に時間がかかる割に一度に処置できる範囲が狭いこと、とても高い技量を持った熟練の施術者が必要であることは留意すべきでしょう。

医療レーザー脱毛は針脱毛ほど費用がかからず、半永久的な脱毛効果が得られますし、比較的短い時間のうちに広い範囲の脱毛を行うことが可能です。まずはレーザー脱毛でひととおりの施術を受け、1年たっても脱毛効果が感じられない箇所があれば、ピンポイント的に針脱毛で補強することがおすすめできます。

特に日焼けをしたからといって、ただちに医療レーザー脱毛を諦める必要はありません。医療レーザー脱毛に比べ、針脱毛を行う医療機関は全国的にそう多くありませんし、日焼けが引くのを待ってから医療機関に相談してみることをおすすめします。

毛抜きはなぜ医療脱毛NGか

毛抜きは、医療レーザー脱毛であれ、針脱毛であれ、脱毛を受ける場合は必ず避けるべきNG事項です。どちらの脱毛法も、体毛に生じさせた熱を応用し、その熱エネルギーが体毛を生成する組織ごと破壊する仕組みであるため、毛抜きはその脱毛効果を除去してしまいます。

体毛のうち、皮膚の下にあって目に見えない部分(毛根)の最下部、つまり、体毛の根っこの部分は毛球と呼ばれ、球状に膨らんでいます。ここに集まっている毛乳頭という部分が、体毛のもとになる毛母細胞に細胞分裂を促すよう働きかけます。

毛乳頭の働きかけを受けた毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、生成された体毛が成長し、髪の毛やムダ毛となります。これに対し、医療脱毛では、体毛に熱を生じさせ、その熱エネルギーが毛乳頭や毛母細胞に波及することで組織ごと破壊し、理論上の永久脱毛を実現することができます。

ここで、毛抜きをしてしまうと、熱エネルギーを与える体毛自体がなくなっているため、レーザー脱毛の場合も針脱毛の場合も、毛の無い毛根には何の波及効果もありません。

このうちレーザー脱毛は、黒いメラニン色素が特定の波長のレーザーの熱を吸収する性質を応用したものです。ここで毛抜きをすれば、その体毛自体が無いため、脱毛効果が全く得られなくなってしまいます。

また、針脱毛は、体毛に電流を流すことで生じた熱エネルギーが毛根に波及する仕組みです。毛乳頭は毛細血管とつながっているため、毛根に直接電流を流すことは重大な肌トラブルを招くため不可能ですし、毛抜きをせず体毛が残っている状態で初めて施術可能な方法です。

医療脱毛を行う前に毛抜きを行った場合は、ある程度体毛が生えそろうまで、一定の期間をおいてから施術を受けることをおすすめします。多くの医療機関では初診時に無料カウンセリングを行っているため、毛抜きの有無も相談してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク