フラッシュ脱毛(IPL脱毛)とは何か?

フラッシュ脱毛(IPL脱毛)とは、インテンス・パルス・ライト(英語ではintense pulsed light)などの光を使った脱毛法です。フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれ、エステサロンなど医療機関ではないところが導入している脱毛サービスです。

フラッシュ脱毛は、脱毛機によって光の波長や照射時間が異なります。フラッシュ脱毛のなかで、インテンス・パルス・ライトという光を使ったものをIPL脱毛と呼びます。ただ、フラッシュ脱毛の多くはIPL脱毛が中心であり、フラッシュ脱毛といえばほぼIPL脱毛といえます。

その一方、フラッシュ脱毛のなかには、IPLと高周波脱毛を併用したサービスもあります。高周波脱毛とは、医療機関で行われるフォトRF(フォト光高周波)脱毛と原理的には同じですが、それよりも出力を抑えた脱毛法です。

フラッシュ脱毛の仕組み

フラッシュ脱毛は、カメラのフラッシュライトのような光を皮膚の上から照射することで、体毛の再生力を弱める脱毛法です。多くのエステでは、光を吸収しやすくするため、照射前にジェルを塗ることが一般的です。

体毛に含まれる黒いメラニン色素は、一定の波長のレーザー光を受けると、その熱を吸収することが知られています。メラニンを含む体毛が熱を溜め込むと、その熱エネルギーが毛根まで波及して、体毛を作る組織まで破壊することがわかっています。

このうち、毛乳頭や毛母細胞、あるいは、バルジ領域という部分にある体毛の成長因子など、体毛を生成する組織ごと破壊できると確認されているのは、医療機関で行うことができる医療脱毛(医療レーザー脱毛)だけです。

その一方、エステサロンなど医療機関以外の脱毛サービスで提供されるフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組み自体は医療レーザー脱毛と同じです。ただし、法律上、医療行為に相当する施術は医療機関にしか認められていません。

こうしたことから、フラッシュ脱毛は医療脱毛に比べると、強いパワーや効果の高い波長で照射することができません。照射出力は弱められますが、痛みや肌トラブルのリスクは医療脱毛よりも低く抑えることができます。

また、フラッシュ脱毛は安全性が高く、医師や看護師などの医療資格者以外でも施術することができる脱毛法です。また、後述通り、高周波脱毛と併用する脱毛サロンやエステサロンも登場しています。

高周波脱毛とは

高周波脱毛とは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のようにメラニンに熱反応をもたらすのではなく、高周波エネルギーが毛根、毛乳頭に熱ダメージを及ぼす脱毛法です。

ただし、高周波脱毛は、医療機関で見られるフォトRF(フォト光高周波)脱毛の出力を抑えたものです。やはりフォトRFは医療行為ですから、ここまで強い効果がある脱毛法は、エステサロンや脱毛サロンで受けることはできません。

高周波脱毛だけでは永久脱毛の効果は無く、太くて濃い毛にはほとんど効果が無いと考えられています。ただ、フラッシュ脱毛と併用することで、高い脱毛効果が期待できると考えるサロンも少なくありません。

なお、医療機関の場合は、医療レーザー脱毛だけでも非常に高い脱毛効果が確認されているため、フォトRFを導入していないクリニックも珍しくありません。医療レーザー脱毛だけでも、理論上の永久脱毛が期待できます。

フラッシュ脱毛の施術回数・年数

フラッシュ脱毛も、仕組み的には医療脱毛と同じメカニズムです。どちらも毛周期のうち成長期の毛にのみ脱毛効果があるため、1回の施術で完了するわけではありません。

そもそも体毛は、成長期→退行期→休止期という成長サイクルを繰り返しています。これが毛周期であり、成長期の毛だけに脱毛効果があることを考慮すると、一定期間をあけて施術を受けることがおすすめされます。

また、あまり頻繁に照射を受けることは肌トラブルを招きますし、体毛の成長サイクル(毛周期)を考えると、2ヶ月前後(1ヶ月半~2ヶ月半)を目安に間隔をおいて施術を受けることが推奨されます。

ただし、フラッシュ脱毛は1回あたりの脱毛効果が医療脱毛ほど高くありません。これも部位や個人差がありますが、一通りの脱毛効果を感じて施術を完了するまでは、10~15回×2ヶ月おき=2~3年は考慮することをおすすめします。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

もともとIPL機器は、フォトフェイシャルと呼ばれる施術に幅広く使われ、美顔効果や美肌効果の目的で利用されてきました。毛穴を引き締め、肌のくすみを改善する効果があると考えられています。

これが体毛が薄くなる効果があると考えられるようになり、医療機関では無いエステ脱毛で一般に使われるようになりました。こうした点から、脱毛と美肌効果の両方を謳うサロンも数多く見られます。

一般にフラッシュ脱毛は、照射面積が広くて施術時間も短く、医療脱毛ほどは痛みを感じにくいというメリットが挙げられます。1回あたりの料金も医療脱毛ほど高くは無い傾向が見られます。

その一方、フラッシュ脱毛は、医療脱毛で認められた理論上の永久脱毛という効果が、十分には証明されていないという点が挙げられます。医療脱毛のように体毛を生成する組織ごと破壊するには至らず、毛根の活動を弱めたり低下させるにとどまっているのではないかという点です。

また、1回あたりの料金が安くても、医療脱毛のような永久脱毛の効果があるとは言い切れず、1回あたりの脱毛効果も医療脱毛ほどではありません。一般的には十数回通う必要があり、施術完了までの時間と費用を考えると、トータルでは医療脱毛よりも高いコストがつく場合もあります。

(医療脱毛の効果については、医療脱毛の効果とは?で詳しく説明しています)

さらに、施術後に炎症止めの軟膏・クリームを処方されたり、万が一の肌トラブルが生じた場合に医師の診察や薬(医療用医薬品)の処方を受けるといった、医療行為を含めたケアが受けられるのは、医療機関が行う医療脱毛だけです。

医療機関が行うレーザー脱毛は「永久脱毛」と表記できるのに対し、フラッシュ脱毛(IPL脱毛)はそこまで認められていません。脱毛部位・コース、料金・費用、通いやすさ、ケア体制などを総合的に考慮して、自分に合った脱毛法を選びましょう。