医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、皮膚の上からレーザーを照射することで、皮膚内部の毛根を通じて毛乳頭や毛母細胞など、体毛を作る組織ごと破壊する医療脱毛の方法です。

医療レーザー脱毛はどうやって脱毛できるの?

医療レーザー脱毛は、皮膚の上からレーザーを照射することで、皮膚内部の「毛根」が熱を吸収し、その先にある体毛の生成組織にまで熱エネルギーが波及することで、毛を作る組織をまるごと破壊する仕組みです。

これは、体毛が持つ黒い色素(メラニン色素など)が、特定のレーザーに含まれる熱エネルギーを吸収するという性質を利用したものです。

毛を作る組織の破壊はどうやって出来るのか?

毛を作ったり、毛の維持や成長を促す役割は、皮膚付属器官の「毛包」が持っています。体毛のうち、皮膚の内部にある部分を「毛根」、皮膚の外に伸びている部分(=目に見えている部分)を「毛幹」といいます。

備考:ちなみに、毛包のうち、皮膚の表面から見ることのできる部分が、いわゆる「毛穴」です。

医療レーザー脱毛が持つ熱エネルギーを毛根が吸収すると、その熱が皮膚内部の毛母体(毛母細胞)や毛乳頭など、毛包を構成して体毛作りに関わる組織まで波及して、これらをまるごと破壊します。

  • 毛母体を構成する毛母細胞は、人体の中で最も速く分裂する細胞種の一つです。この細胞分裂によって、毛の線維と内毛根鞘(つまり毛根を包む鞘)が作られます。
  • 毛乳頭は、毛包の最下部にあり、全身に網を張って栄養分を送り込む毛細血管とつながっており、毛細血管から受け取った栄養分を毛根に送り届けることで、毛の生成を促進します。

このように、医療レーザー脱毛は、毛根に吸収された熱エネルギーが毛包の各組織に行き渡り、これら体毛を作る組織ごと破壊するという仕組みです。
毛包は、目・口・鼻や胃・心臓などと同じ器官であり、医療脱毛によって毛包を構成する組織を破壊すれば、新たな毛が生成されなくなります。

このような医療レーザー脱毛の仕組みは、「熱破壊式」と呼ばれる脱毛機を使って行われるもので、従来から一般に広く普及しているものです。一方、最近では、「蓄熱式」脱毛機という医療レーザー脱毛も登場しています。

蓄熱式の医療レーザー脱毛とは?

先ほどまで説明した熱破壊式脱毛機とは異なり、蓄熱式脱毛機とは、毛包の中でも、皮膚内部の比較的浅いところ(毛乳頭より上部)にある「バルジ領域」という部分にある組織を破壊するものです。

バルジ領域(または単にバルジといいます)には、毛包幹細胞と色素幹細胞が存在します。これらは、新たな毛包や、体毛の色素の元になる細胞を分裂させる細胞です。簡単にいえば、体毛の元になる材料(因子といいます)を供給する細胞です。

蓄熱式の脱毛機も、熱破壊式脱毛機と同じく、皮膚の上から照射して皮膚内部にある体毛の生成組織を破壊する点では同じです。ただし、毛乳頭や毛母細胞などを破壊する熱破壊式に対して、蓄熱式は、バルジ領域という部分に熱を蓄えさせて破壊するという違いがあります。

熱破壊式と蓄熱式はどう違うの?

熱破壊式は、毛包の組織に熱エネルギーを行き渡らせる方法で、従来から広く普及してきた一般的な医療レーザー脱毛の方法です。豊富な施術実績がありますし、確実な脱毛効果があります。体毛の黒い色素を利用するため、黒くて濃ゆい毛や、ガンコな剛毛には特に高い脱毛効果を発揮します。

その一方、黒い色素が少ない白髪や産毛、細くて薄い毛には不向きと言われてきました。現在では、さまざまな種類のレーザーや脱毛機が登場し、あらゆる体毛に脱毛効果があると考えられています。

これに対して蓄熱式は、皮膚の上から照射して熱エネルギーを利用する点は同じですが、皮膚内部の比較的浅いところにジワジワと熱を蓄えさせて組織を破壊します。このため、皮膚の奥深くまでレーザーを届ける必要が無く、施術中の痛みが少ないというメリットがあります。

また、蓄熱式は、熱破壊式に比べると、白髪や産毛などにも効果があると言われています。なお、海外の研究者によって、バルジ領域に体毛を作る組織があると発見・提唱されたのは2000~2001年頃であり、蓄熱式脱毛機の普及・定着は、今後の施術実績にも左右されるかと思います。

医療レーザー脱毛って結局どうなの?

医療レーザー脱毛は、かなりの割合で相当の長期間に渡って新しい毛が生えてこないという意味で、永続的な脱毛効果が得られる優れた医療行為と言えます。また、施術後の肌トラブルのリスクは極めて低く、確実で安全性の高い脱毛方法といえます。

参考「永久脱毛」の意味は?

レーザーは波長の長さによって種類が異なり、搭載したレーザーや照射口の大きさ・形状、冷却装置や吸引システムの有無によって、脱毛機に関についても、さまざまな機種が登場しています。
これらの多くは、施術中の痛みを軽減し、産毛や白髪、細くて薄い毛から、奥深くに根を張ったガンコな剛毛まで、あらゆる体毛に効果を発揮するものです。

参考医療脱毛のレーザーと脱毛機の種類

また、医療レーザー脱毛は医療行為です。施術中の痛みが我慢出来ない場合は麻酔措置を希望することもできますし、万が一の肌トラブルにも、医師の診察やお薬の処方など、医療機関だけが出来る適切な措置を受けることが出来ます。

参考医療レーザー脱毛の痛みと軽減策

関連笑気麻酔とクリーム麻酔はどっちが良いのか