いつまでも毛が生えてこなくなるのか?

医療レーザー脱毛でよくある質問のなかには、「いつまでも長く永久に続くのか?」「1本も毛が生えてくることはないのか?」といった点が挙げられます。ここでは、それぞれの疑問について、詳しく取り上げていきます。

「永久脱毛」の定義とは

まず、「永久脱毛」の定義について、日本の厚生労働省では特に設定されておらず、アメリカの厚生労働省にあたる行政機関のFDA(食品医薬品局)、および、米国最大の電気脱毛士の団体であるAEA(米国電気脱毛協会)が、それぞれ自ら定義を公開しています。

このうちFDAの永久脱毛の定義とは、要約すると以下の点が挙げられます。

  • 毛の数が長期的、永続的に安定して減少すること
  • 再成長する毛の数が、長期的に安定して減少すること
  • 永続的な減少ではあるが、永久的な体毛の除去ではないこと

つまり、「永久脱毛」とは、産毛から太い毛まで1本残らず全てのムダ毛が除去されて新たに生えてくる毛が1本も無いといういうわけではなく、これからずっと毛の数が半永久的に「減っている」状態が続くということを意味します。

一方、AEA(American Electrology Association=米国電気脱毛協会)の「永久脱毛」の定義は、「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」となっています。

専門施術者の業界団体であるAEAの定義は、具体的な数値を挙げているとはいえ、行政機関であるFDAの定義と比べると、やや緩い印象も受けます。日本で医療レーザー脱毛を行っているクリニックの多くは、より厳格なFDA認可の脱毛機を導入するところが一般的です。

どちらの定義にせよ、「永久脱毛」とは、完全にツルツルの無毛状態になるとか、死ぬまで一生に1本も生えてこなくなるということを意味しているわけでは無いといえます。

それでは「永久脱毛」とは何か?とわかりやすく言えば、「高い減毛率を非常に長期間のあいだ維持できる脱毛法」ということができます。日本では、体毛の生成を長期的に停止できる施術は、医療機関(クリニック)で有資格者(医師や看護師)しか行うことができない医療行為です。

医療脱毛は高い効果が長続きする

脱毛効果は「いつまでも長く永久に続くのか?」という質問に対しては、そもそも「永久脱毛」の定義が、本当に一生の間に全く新たに毛が生えてこないということを意味しているわけではない点に留意が必要です。

実際に、現在の医療技術では、死ぬまで二度と毛が生えなくなるという脱毛法はありません。もちろん、さまざまな脱毛法のなかで、最も長く脱毛効果が長続きするのは、医療脱毛であるということができます。

また、医療脱毛を受けたあとは、「1本も毛が生えてくることはないのか?」という質問に対しても、そもそも永久脱毛の定義は高い減毛率を維持するものであり、全く新しい毛が再生されなくなるということを意味しません。

これについても、施術部位や個人差があるものの、医療脱毛であれば、生えてきたとしても、産毛のような細くて目立たない毛ということが一般的です。もちろん、増毛化・硬毛化という可能性がありますが、増毛化・硬毛化した毛に医療脱毛を行うと、他の毛と同様の脱毛効果があることがわかっています(→医療レーザー脱毛では産毛は残るのか?)。

医療脱毛は全く100%ツルツルの無毛状態が永遠に続くなどということは想定していません。それでも、現在の科学技術のなかで、最も脱毛効果が高く、最も脱毛効果が長続きする脱毛法であることは間違いないといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク