ムダ毛の自己処理のリスク

ムダ毛を自己処理することは、大きなリスクがあります。ムダ毛の自己処理にはさまざまな方法が挙げられますが、効果が長続きしないことに比べると、高いリスクを背負うことになります。

自己処理による脱毛といっても、さまざまな方法があります。ここでは、こうしたムダ毛の自己処理に関する方法を取り上げ、そのリスクについて詳しく見ていきます。

カミソリによるムダ毛の自己処理

カミソリを使った脱毛は、ムダ毛の自己処理として最も幅広く行われている方法といえます。すぐに自分で出来ることや、効果がすぐ出ることがメリットといえます。

ただし、カミソリを使った脱毛は、毛根から脱毛する根本的な方法ではありません。目に見えている毛の表面だけを取り除く自己処理であり、短期間ですぐに毛が生えてしまいます。

短い期間に反復する必要が生じることもあって、カミソリによる自己処理は、何度も繰り返したり強く剃ってしまいがちです。この結果、ムダ毛だけでなく、皮膚の表面も傷つけることとなります。

このため、カミソリによる自己処理は、いわゆるカミソリ負けを引き起こし、肌荒れを招くリスクがあります。これによって、痛み、痒み、炎症を発生させることも少なくありません。

また、埋没毛(埋もれ毛、埋まり毛)を引き起こすリスクもあります。埋没毛とは、皮膚のなかで体毛が発毛・成長してしまう状態です。これはムダ毛の自己処理を行ったあとに生じやすい症状であり、色素沈着や毛のう炎(毛嚢炎)を招くことがあります。

埋没毛は、カミソリによって傷ついた皮膚がカサブタを形成して毛穴を塞ぎ、毛げ皮膚の表面に出てこれなくなることで発生します。また、切られた毛の先が尖った状態のまま、毛穴では無い皮膚内部を貫通することもあります。

また、毛のう炎とは、毛の根元が白ニキビのような状態になることです。毛のう炎は細菌感染症であり、多くの場合は黄色ブドウ球菌が原因です。何度も炎症を引き起こすことは、色素沈着を招き、黒ずんだ肌になってしまいます。

毛抜きによるムダ毛の自己処理

毛抜きを使った自己処理は、ムダ毛を毛根から引き抜く方法です。このため、カミソリよりは効果が続きますし、見た目も綺麗に脱毛できます。ただし、医療レーザー脱毛のように体毛を作る組織を破壊するわけでは無いので、根本的な解決法とはいえません。

毛抜きによってムダ毛を自己処理することは、1本1本抜き取るためそれなりに手間がかかります。それだけでなく、毛根は毛細血管とつながっているため、毛細血管を引きちぎり、出血や炎症を引き起こすリスクがあります。

毛細血管が傷つくことで、皮膚が負傷したと認識され、止血しようとする作用からカサブタが作られます。これによって、先ほどカミソリのときに説明した埋没毛や毛のう炎のリスクが高まります。

また、毛抜きによるムダ毛の自己処理は、それだけ毛穴を広げることを意味します。広くなった毛穴から雑菌が混入したり、炎症を引き起こすことがあります。毛穴が目立つだけでなく、毛穴が黒ずむといった色素沈着のリスクもあります。

埋没毛は、放置しておくと自然に分解され体内から除去(排泄)されるとこもあります。しかし、多くの場合は肌荒れの原因となり、黒ずみ(色素沈着)や毛のう炎を生じさせてしまいます。

脱毛クリームによるムダ毛の自己処理

脱毛クリームを使ったムダ毛の自己処理は、カミソリや毛抜きと異なり、痛みをそう感じることはありませんし、自宅で手軽にできる脱毛法といえます。ただし、やはり体毛を形成する組織に作用することはないため、根本的な解決法とはなりません。

脱毛クリームは、ムダ毛を溶かすという仕組みです。この作用を行う主成分はチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の物質です。この薬剤が体毛の目に見える部分を溶かすのですが、毛を作る組織の処理は医療脱毛にしか出来ません。

体毛はタンパク質で出来ており、これをアルカリ薬剤で溶かすのが脱毛クリームによるムダ毛処理の仕組みです。しかし、皮膚もタンパク質で出来ており、脱毛クリームの影響を受けないことはありません。

脱毛クリームの最大のリスクは、皮膚にもダメージを与えることです。肌への影響が大きく、かぶれやただれ、あるいはアレルギー反応を招く可能性があります。また、毛の表面だけを処理するため、やはり埋没毛や毛のう炎と、それによる色素沈着の可能性があります。

脱毛ワックス・脱毛テープによるムダ毛の自己処理

脱毛ワックスによるムダ毛の自己処理は、粘度が高めのワックスを皮膚に塗布し、乾燥してからムダ毛ごとはがすという方法です。脱毛テープは、シートのようなテープを貼って、ムダ毛ごとはがすという脱毛法です。

脱毛ワックス・脱毛テープとも、ムダ毛を処理する原理自体は同じです。特に脱毛ワックスは、毛根ごと抜き取るため、カミソリより効果が高く、毛抜きよりも効率的といえます。

ただし、脱毛ワックス・脱毛テープとも、皮膚に貼ったものを毛ごとはがすという方法であり、肌への負担が高いというリスクがあります。根本的に毛が生えなくなる方法ではありませんし、やはり埋没毛や毛のう炎から色素沈着や炎症という可能性があります。

家庭用脱毛器によるムダ毛の自己処理

家庭用脱毛器を使ったムダ毛の自己処理も普及していますし、以前に比べて性能が高いものも増えています。ただし、医療機関にのみ認められる専用機器とは明らかに異なり、出力は低めに抑えられています。

医療機関で使われるレーザー脱毛器は、レーザー(特定の波長に設定された光)の照射によって、毛を生成する組織を破壊する効果があります。その一方、自宅で使うことを想定した家庭用脱毛器は、家庭でのトラブルを避けるため、出力を抑えたものがほとんどです。

このため、家庭用脱毛器は照射パワーが低く、医療レーザー脱毛ほどの効果は期待できません。通常の使い方ならヤケドなどのリスクは低いのですが、高い効果を得ようとして何度も過度に使用する結果、肌を痛めたりヤケドを負う可能性もあります。

また、ムダ毛を自己処理しようと思って家庭用脱毛器を探すと、やはりそれなりの価格であることに気づきます。初期投資という費用の高さに加え、製品によってはカートリッジの交換などランニングコストがかかる機種もあります。

医療レーザー脱毛のリスクは?

医療機関で受ける医療レーザー脱毛に、リスクが全く無いわけではありません。これについては、当サイトでも医療レーザー脱毛のリスクと対応で取り上げています。

ただし、今回の記事で取り上げてきたムダ毛の自己処理は、どれも体毛を作る組織を破壊するわけではなく、根本的な解決法とはいえません。

その一方、医療レーザー脱毛は、毛母細胞の分裂や発毛を促す毛乳頭まで破壊することで、短期的にその都度自己処理を行う煩わしさから解放されるメリットがあります。万が一トラブルが発生した場合も、追加料金無しでしっかりとした対応を行う医療機関もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク