医療脱毛の効果とは?

今回は、医療脱毛(医療レーザー脱毛)の効果とはどのようなものか、本当に効果が出るのかといった点を詳しく取り上げます。

医療脱毛の効果は、早く確実に脱毛を完了させ、永続性の高い理論上の永久脱毛が達成できるという点にあります。これについて、医療レーザー脱毛の仕組み、他の脱毛法との比較という観点から、詳しく見ていきます。

医療レーザー脱毛の効果とは

医療脱毛の効果とは、皮膚内部に存在して体毛を生成する組織ごと破壊することで、理論上の永久脱毛が実現できるという点です。エステサロンなど医療機関では無い脱毛では、医療行為に該当するレーザー脱毛が法律で認められていません。

医療レーザー脱毛は、皮膚の上からレーザーを照射する脱毛法です。体毛に含まれる黒いメラニン色素が、一定の波長のレーザーを受けると、そのレーザーが持つ熱を吸収するという性質を応用したものです。

メラニン色素を含んだ体毛が熱を溜め込むと、毛根に存在して体毛のもとになる毛母細胞や、毛母細胞の細胞分裂を促す毛乳頭といった部分に熱エネルギーが波及します。こうして、レーザーの持つ熱が体毛を作る組織ごと破壊する効果があります。

最近では、こうした従来型のレーザー脱毛機に加え、バルジ領域という部分に存在する体毛の成長因子を破壊するという、蓄熱式脱毛と呼ばれる脱毛機も登場しています。従来型・蓄熱式ともに、体毛の黒い色素にレーザーの熱を持たせる仕組みは同じです。

(医療レーザー脱毛には、波長が異なるレーザーや、仕様が異なる脱毛機の種類があります。これについては、医療脱毛のレーザーと脱毛機の種類で詳しく説明しています)

このように医療レーザー脱毛の効果とは、体毛のもとになる組織を、細胞分裂や成長を促す原因ごと破壊・除去することで、永続性の高い理論上の永久脱毛を達成できるという点です。

これに対し、エステサロンのフラッシュ脱毛などは、原理的には医療レーザー脱毛と同じですが、法律上医療行為に該当する施術は禁止されており、レーザーの照射出力が低めに抑えられています。

このため、エステ脱毛やフラッシュ脱毛など医療機関ではない脱毛法は、毛根の活動を弱めたり低下させるにとどまります。これは体毛を作る組織の破壊までには至らず、根本的な解決法とはいえません。

医療脱毛は何回受ければ効果が出るのか

医療脱毛において「何回の施術で、どれくらいの期間なら、脱毛の効果が出るのか?」という点については、体毛の毛周期(成長サイクル)が関わってきます。

そもそも体毛は、成長期(成長初期→成長期)→退行期(または移行期)→休止期という成長サイクルを通じて生え変わるものであり、これを毛周期と呼びます。このうち脱毛の施術は、成長期の毛にだけ効果があることがわかっています。

レーザー脱毛の照射を受けたとき、成長期の毛は体毛を作る組織の活動が最も活発であり、それだけ脱毛の波及効果も高いものがあるといえます。その一方、成長期では無い毛は十分な効果が得られず、施術後にまた新たな毛が生えてくる可能性があります。

また、1回あたりの脱毛の効果は、施術部位の体毛の約20%であると考えられています。単純計算でいけば、20%×5回=100%の脱毛が完了する計算です。

ただし、腕や膝下などは5回未満でも十分な効果を感じる方がおられる一方、陰毛など性器周辺や肛門周り(いわゆるI・Oライン)、顔・ヒゲは追加照射が必要な方も見られます

実際の照射回数は、施術部位や個人差(毛の量や質など)によって効果が左右されます。5回では足りないと思う場合もあれば、5回未満でも十分な効果だと感じる場合もあり、これは一概にはいえません。

こうした個々の違いも考慮しつつ、5回の施術コースを提供するクリニックであれば、平均的で良心的なコースだといえます。一般的には、5回のコースを設定しつつ、コース完了者が希望した場合、追加照射を通常より極めて安い料金で受け付けるところが多く見られます。

ただし、あまり短い間に頻繁に施術を受けるのは、肌への負担が高まります。また、毛周期のサイクルを考慮して、5回の施術で脱毛の完了を目指すなら、平均で2ヶ月(1ヶ月半~2ヶ月半)おきに通院するのが良いでしょう。

こうしたことから、5回の施術で1ヶ月半~2ヶ月半おきに医療脱毛を受けるなら、おおよそ平均的には1年~1年半で脱毛を完了させることができるといえます。

ここまで見てきたのは、自己処理をしなくても済む程度の脱毛の完了の一般的な目安といえます。このレベルでも、大半の方は十分満足されるといえます。それよりさらに、完璧なツルツル脱毛を目指すなら、8~12回まで受けることが目安といえます。

医療脱毛の費用対効果はどうか

医療脱毛では、自己処理しなくても済む一般的に多くの方が満足する範囲なら5回前後、完璧にツルツルにしたい部分があるなら10回前後が目安といえます。

その一方、成長期の毛にしか効果が無いのは、エステサロンの脱毛など医療機関では無い脱毛サービスでも同じです。これに加え、エステなどのフラッシュ脱毛は、医療行為に該当する施術は法律で禁止されており、照射の出力が抑えられています。

このためエステ脱毛では、1回あたりの効果も低く、毛根の活動を低下させたり弱めるといった程度にとどまります。体毛を作る組織の破壊までいかないため根本的な解決法にならず、1回の効果も低いため、3年から5年の間に10~20回通うコースが一般的です。

1回あたりの料金を見ると医療脱毛のほうが高いと思うかもしれませんが、エステ脱毛より通院回数や施術期間が少なくて済みますし、医療脱毛だけが永久脱毛を実現できることを考慮すると、長い目で見た費用対効果は医療脱毛が抜群だといえます。

なお、コスト的なことを考えると、キャンセル料、(剃り残しがある場合の)剃毛料や電気シェーバー・カミソリの持ち込みの可否(別途買わされるのかどうか)、炎症止めの軟膏・クリーム代など、どこまでが追加料金不要なのかクリニックによって異なるため、カウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

なお、医療脱毛は強い痛みを伴います。麻酔措置は希望者のみ別途有料で提供という場合が一般的ですが、こうした麻酔の内容や料金も確認しておきましょう。

ここまでは、医療脱毛の施術回数や年数の目安ばかり触れてきましたが、施術コースの有効期間ができるだけ長いところを選ぶようにしましょう。次回の照射を受ける際に、脱毛効果を考慮して毛が生え揃った段階で受けるのが理想的ですし、やはり有効期間が長ければ長いほど好ましいクリニックといえます。

1回あたりの施術の効果はどうなのか

「1回の施術で脱毛の効果が出るのか?」という点については、一通りの脱毛を完了させるには不十分ですが、全体的な毛量を減らす効果はあるといえます。

これも部位や個人差がありますが、明らかな医療脱毛の効果を実感するのは、3回目あたりかと思います。1~2回めですと、毛の量は全体的に減っているのですが、目に見えるはっきりした効果は感じにくいかと思います。

一般的な毛質の方なら、5回前後の照射で自己処理が不要な程度の脱毛が可能です。なお、医療レーザー脱毛は、2週間程度で効果があった毛(=成長期の毛)が抜け落ちるものですから、施術直後に毛が抜け落ちないからといって慌てる必要はありません。

なお、医療脱毛を希望する方のなかには、完璧なツルツルを目指す方もいれば、ボウボウに生えいた状態は除去しつつ、不自然にならずにトータルで体毛の量を減らしてほしいと希望する方もおられます。

また、一部分だけを残してほしいとか、完璧なツルツルとは逆に自然な感じで残してほしいという方もおられます。医療レーザー脱毛なら、こうした要望に応じてくれるクリニックも少なくありません。

この場合は、1~2回目は通常の照射で全体的に毛の量を薄くする効果が得られます。その後、クリニックにもよりますが、3回目あたりから、照射出力を下げる、照射間隔をあけて毛が生え揃ってから照射を検討する、照射自体を見送るといった対応で、さまざまなデザインやナチュラルな体毛に調整することが可能です。

医療脱毛の効果を高める工夫

医療脱毛を受ける前後にセルフケアを工夫することで、その効果を高めることが可能です。まずはしっかりと保湿すること。肌の潤いを保つことは、皮膚のバリア機能を高め、健全な体毛の成長サイクル(毛周期)のケアになります。

また、日焼け防止(UVケア)を徹底すること。日焼けの方はレーザーの熱が体毛だけでなく皮膚のメラニン色素も吸収してしまうため、医療脱毛を受けられません。そこまで日焼けが行かなくても、皮膚にメラニンがあることは、それだけ体毛の熱吸収を阻害します。

さらに、これは当然のことですが、毛抜きや肌を傷つけることはNGです。毛の成長サイクルを乱すだけでなく、皮膚をこすったり掻くとか、毛穴を傷つけるなどすると、医療脱毛による肌トラブルのリスクが高まります。

医療脱毛を受ける際は、前回施術から毛が生え揃った段階で受けたほうが効果が高まります。皮膚の上から毛根に向けて照射するため、剃毛をしてきてほしいと言われるクリニックが多いと思いますが、毛周期を考慮して一通り体毛が生えた時点で受けることが望ましいといえます。

スポンサーリンク