肛門周りの医療レーザー脱毛

今回は、肛門周り(いわゆるOライン)の医療レーザー脱毛を詳しく取り上げます。特に、肛門周りの医療レーザー脱毛を受けようと考えている方のよくあるケースをいくつか説明していきます。

肛門周りと色素沈着

まず、肛門周りは毛深いという場合だけでなく、黒ずんでいたりシミが見られるなど、色素沈着を持った方も多い部分です。色素沈着が大きな場合も医療レーザー脱毛が受けられるかどうか?という疑問を感じる方も少なくありません。

これに関しては、照射自体は問題無いといえます。特に、昔から毛深いことにコンプレックスを感じていて、肛門周りの体毛をどうにかしたいと思ってきた方は、医療脱毛のクリニックに相談してみるのが良いでしょう。

ただし、色素沈着がある部位は、他の部位と全く同様の施術が受けられるということではありません。医療レーザー脱毛は、体毛に含まれる黒いメラニン色素が、レーザーに含まれる熱に反応する性質を応用したものです。

医療レーザー脱毛では、黒い色素が吸収した熱エネルギーが毛根や毛包にまで波及し、これらに存在して体毛を生成する組織ごと破壊することで、理論上の永久脱毛が可能です。ただし、皮膚に色素沈着があれば、体毛と同じように皮膚でも熱を吸収してしまいます。

これは肛門周りの場合も該当しますし、色素沈着がある皮膚は熱を吸収するぶん、腫れ・むくみ・炎症が長引いたり、ヤケドになるリスクが高まります。もしも肛門周りに色素沈着があれば、あまり強いパワーのレーザー照射は控えられます。

ただし、色素沈着があったからといって、ただちに医療レーザー脱毛が受けられないということはありません。また、レーザー脱毛機のパワーを抑える(照射出力を下げる)といっても、脱毛効果が全く無くなるわけではありません。

こうしたことから、肛門周りに色素沈着があっても、医療レーザー脱毛ができないことはありません。この場合、照射のエネルギーを抑えるため、脱毛効果が下がることはありますが、施術自体は可能だといえます。

どうしても心配な場合は、医療レーザー脱毛で無料のカウンセリングを行っているところを選び、医師に相談してみることをおすすめします。

痔、施術の範囲と姿勢

肛門周りの医療レーザー脱毛の場合、色素沈着と同様に心配されているのが、痔を患っている方です。しかし、医療レーザー脱毛を受けたからといって、痔が悪化するといったことは全くありません。

ただし、痔の状態にも左右されますが、照射にともなって激しい痛みを感じることが多いと思います。痔があるからといって医療レーザー脱毛を受けられないことはありませんが、できれば医療脱毛を受ける前に、先に痔の治療を済ませることをおすすめします。

一方、肛門周りの医療レーザー脱毛は「どこまで出来るのか?」という点もポイントです。これに関しては、医療レーザー脱毛は「粘膜がある部位はできない」と考えると良いでしょう。

多くのクリニックでは、粘膜ギリギリまで照射すると思いますが、その「ギリギリ」の程度はクリニックによってまちまちです。これは肛門周りに限らず、(特に女性の)生殖器周辺でも違いが見られます。

粘膜部分を照射しないのは、ヤケドなど肌トラブルのリスクが非常に高いことに由来します。万が一、「粘膜部分も脱毛できます」と謳っているクリニックがあるとすれば、利用は避けることをおすすめします。

このほか、肛門周りの医療レーザー脱毛の場合、「施術中はどんな姿勢や格好で受けるのか?」という方もおられます。これもクリニックによって異なりますし、性別によっても異なる場合がありますが、ここでは一般的によく見られる姿勢を取り上げます。

まず、当然ながら、レーザーの照射が確実に行われるように、肛門周辺部を露出してもらうことが基本です。下着は脱いでもらうというクリニックがほとんどだと思います。

そのうえで、腰にバスタオルを巻き、うつ伏せ(腹臥位)の状態でベッドに寝てもらうという場合が多いといえます。施術者は、バスタオルを適宜折り返したり、めくったりしながら、照射を行うことが一般的です。

もちろん、デリケートな部分の施術ですし、医療レーザー脱毛では施術室はドアで仕切られているクリニックがほとんどです。ただ、肛門周り(Oライン)の場合、このような姿勢のため、笑気麻酔が不可というクリニックが少なくありません。この点は、事前に相談しておきましょう。

チクチクした感じがある?

医療レーザー脱毛は、皮膚の上から照射して皮膚内部に存在して体毛を作る組織に影響を及ぼします。このため、体表に出ている体毛は照射効果を妨げる余計なものですし、施術前に自己処理で剃毛をお願いすることが一般的です。

そこで、肛門周りの剃毛を行うと、チクチクした感じがあると思います。これは、毛を剃ることによって、毛の先っぽが太くなることに起因します。医療レーザー脱毛は、照射してすぐ毛が落ちるわけではなく、10日~2週間程度で抜け落ちます。

このため、照射を受けたあとも、しばらくの間は、チクチクした感じが続くといえます。また、医療レーザー脱毛は毛周期のうち成長期の毛に効果がある脱毛法ですが、新たに生え変わった体毛は毛先が細いため、チクチクする感じは無いはずです。

医療レーザー脱毛に限らず、エステ脱毛(光脱毛)でも同じですが、一度の照射で全ての体毛に効果があるわけではありません。ただ、医療レーザー脱毛では、照射のたびに体毛の発毛量が減少してくるため、チクチクした感じも徐々にしなくなるといえます。

肛門周りも事前の自己処理を

なお、肛門周りであっても、医療レーザー脱毛では施術前に自己処理をお願いされることが一般的です。とてもむずかしい部分ではありますが、合わせ鏡を使ったり、鏡を床に置いてまたぐなど、自分が出来る範囲で工夫して済ませましょう。

この施術前の自己処理は、剃り忘れや剃り残しがあると、クリニック側で処理してもらうことになります。この場合、剃毛料やシェーバー・カミソリ代などが別途かかるクリニックがありますし、こうした追加料金が一切不要で受けられるクリニックもあります。

ただ、医療レーザー脱毛のクリニックは、完全予約制が主流です。どちらの場合も、クリニックで処置を受ける場合は、それだけ予約枠の施術時間を費やしてしまうことに留意しましょう。

なお、クリニックによっては、予約時間より早めに来れたら、先に剃毛してくれるところもあります。ここらへんは予約の混み具合にもよりますし、事前に連絡して確認しておきましょう。

ここまで見てきたとおり、肛門周りの施術といっても、一般的な医療レーザー脱毛と大きく変わるところはそう多くありません。色素沈着が目立つ場合は出力を下げることが一般的ですし、痔にかぎらず持病を持っている方はその病気・疾患の治療を優先的に済ませるべきです。

肛門周りの医療レーザー脱毛が他の部位と大きく異なるのは、施術時の姿勢や事前の自己処理の難しさが挙げられます。施術中の痛みは非常に強く感じやすい部位であり、できれば麻酔を利用したいものです。自己処理は、さまざまな工夫で乗り切りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
部位別のポイント
医療脱毛ガイド