ライトシェアとは?

ライトシェアとは、アメリカのルミナス社製の医療用脱毛機です。日本の厚生労働省にあたるアメリカFDA(食品医薬品局)から、永久脱毛の機器として世界で初めての承認を受けた脱毛機です。

(FDAについては、医療脱毛・笑気麻酔の前は食事NGか/FDA認可とはで詳しく説明しています)

ライトシェア・デュエットは、ダイオードレーザーによる脱毛機です。ルミナス社は、ダイオードレーザーの脱毛機におけるトップクラスのメーカーであり、いくつもの改良を重ねて、ライトシェアシリーズの最新バージョンを出しています。

ダイオードレーザーは、波長が800nmでアレキサンドライトレーザー(波長:755nm)より深く、YAGレーザー(波長:1064nm。NdYAG)より短いのですが、波長の長さを変えることができるという違いがあり、日本人の毛質に向いていると考えられています。

ライトシェアはダイオードレーザーを採用した脱毛機ですが、「吸引システム」という特殊なハンドピース(照射口)を採用しています。ライトシェアは、ハンドピースを近づけた皮膚を吸引して引き伸ばし、レーザーを照射します。

こうして照射部位を引き伸ばして施術することで、低い出力でも確実に照射を行い、ムラが無い脱毛効果が実現できると考えられています。毛質によって効果に違いが出るのはどの脱毛機でも同じですが、ライトシェアは吸引のしやすさ・しにくさで脱毛の効果に違いが出ることはありません。

「吸引」というとガッチリ引き込まれると思うかもしれませんが、実際には、ハンドピースに肌が吸い付く程度で、強いストレスを感じることは無いと思います。

ライトシェアの最新機種では、ハンドピースは非常に大きな照射面積のものがあり、従来の医療脱毛より大幅な時間短縮を実現しています。その一方、アゴ、指、生殖器周りなど細かな部位に対応する小さなハンドピースに切り換えることもできます。

特にライトシェアのヘッドは、従来の脱毛機が丸形だったのに比べ、四角い照射口になっています。このため、打ち漏れの可能性が少なく、重ね打ちが不要で、まんべんなく照射することができます。

ライトシェアは、他のレーザー脱毛機に比べて、細い毛・軟毛・産毛にも効果が高いとも考えられています。これは、吸引システムという1本1本の毛に確実にアプローチする脱毛法であり、日本人に適したダイオードレーザーを使用しているところから効果があると考えられています。

このように、非常にメリットずくめのライトシェアといえますが、痛みに関しては個人差があります。吸引システムで痛みが軽減されたと考えるひともいる一方で、従来の脱毛機と変わらない程度には感じるという方もおられます。

ライトシェアは、全体的に非常にバランスの取れた脱毛機です。極端に頑固な剛毛は苦手かもしれませんが、平均的な日本人の毛質と最も相性の良い脱毛機と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医療脱毛の選び方
医療脱毛ガイド