医療脱毛は未成年でも可能か?

未成年の医療脱毛に関しては、以下のような疑問を感じる方が多いと思います。

  • 未成年でも医療脱毛の契約はできるのか?
  • 医療脱毛を未成年が受けると、身体や成長に影響は無いのか?
  • 未成年でも十分な脱毛の効果はあるのか?
  • 医療脱毛は何歳から受けるのが望ましいのか?

今回は、こうした未成年と医療脱毛に関わる疑問を取り上げ、順次詳しく説明します。

未成年でも医療脱毛は契約できるか?

未成年の医療脱毛に関して、医療機関(クリニック)の多くは、特に年齢制限を設けているわけでは無いものの、なかには高校生以上(16歳以上)を目安に制限を設けたり、16~18歳以上を推奨するクリニックもあります。

これは、成長期を過ぎる前の段階で医療脱毛を受けても、また体毛が生える可能性が残るという点が挙げられます。医療脱毛の施術が未成年の身体や成長になんらかの影響を及ぼすということはありませんが、成長期を過ぎてから受けたほうが、永続性のある脱毛効果が得られるといえます。

なお、医療脱毛を未成年の方が契約することは可能ですが、契約時に保護者の同伴または同意書(承諾書)を必要とするクリニックが一般的です。

また、未成年の方も医療ローンの利用は可能です。この場合、契約書には連帯保証人が直筆で記入することが求められ、信販会社から連帯保証人に確認の電話が来ることが一般的です。

医療脱毛とホルモン

医療脱毛についてよく言われる誤解のひとつに、「医療脱毛によってホルモンバランスが乱れる」ということが挙げられます。確かに、体毛の生育自体はホルモンの働きが関与しています。しかし、医療脱毛がホルモンの分泌を乱すことはありません。

そもそもホルモンとは、その物質が分泌・合成されることで、特定の体内作用を促す物質の総称です。ホルモンのなかには、男性ホルモンと女性ホルモンという「性ホルモン」に分類できるものがあります。

このうち、体毛の生育という作用に関わるのは男性ホルモンです。男性ホルモンは女性であっても、男性ほどではありませんが体内に存在しています(逆に、女性ホルモンの場合も、男性は女性ほどでは無いものの体内に存在しています)。

その一方、体毛には、思春期以降に発毛する「性毛」と、思春期に関係なく発毛する「無性毛」があります。さらに、人間の性毛には、男性だけが生える「男性毛」と、男女とも生える「両性毛」があります。

思春期に関係なく生える無性毛(髪の毛、まゆげ、まつげ、四肢=手足の毛)は、性ホルモンの影響は大きくありません。ただし、影響が全く無いわけではありません。

思春期以降に発毛する性毛は、両性毛(脇毛、陰毛)と男性毛(ヒゲ、胸毛、耳毛、腹毛、背中毛、陰毛上部)とも、性ホルモンの影響を大きく受けます。

一般に体毛は、ホルモンの分泌によって太く濃い毛が生育します。そして、思春期はホルモンの分泌が最も盛んな時期です。もともと性ホルモンは、思春期における筋肉や骨格の形成、声変わり、性欲の亢進、男女それぞれの体づくりに作用する重要な物質です。

性ホルモンは思春期における人体の形成を促す大事な物質ですが、体毛の生育にも関与する物質でもあります。このため、思春期(成長期)を終えていない年齢で医療脱毛を受けても、ホルモンの働きで新たな体毛が生えてくる可能性があります。

確かに体毛の生育にはホルモンが関与しています。しかし、医療脱毛を受けたからといってホルモンバランスが乱れるということはありません。ホルモンが発毛を促す働きがあることと、医療脱毛の脱毛効果とは全く関係がありません。

また、医療脱毛は成長期を過ぎたあとに受けたほうが、あとになって体毛を生成する組織が新たにできるということが無いといえます。成長期はホルモンが最も活性化する時期であり、それを終えたあとに受けたほうが、医療脱毛の効果は確実です。

増毛化・硬毛化とホルモン

医療脱毛を受けた方の中には、かえって体毛が増えたり硬い毛が生えたという場合もあります。これは増毛化・硬毛化と呼ばれますが、非常に稀なケースであり、大半の方は平均的に5回程度の施術で順調に脱毛が完了します。

この増毛化・硬毛化は原因がわかっておらず、そのメカニズムが医学的に解明されていません。この現象について、ホルモンバランスの乱れによるものだと考える方もいますが、それは確実で正しい情報とはいえません。

増毛化・硬毛化のプロセスは現代医学でも不明だというのが現状ですが、増毛化・硬毛化した毛に医療脱毛の施術を行うと、他の毛と同様の脱毛効果があることもわかっています。

このため、クリニックのなかには、増毛化・硬毛化した部分の追加施術を、該当コースの回数にカウントせず、実質無料で行ってくれるところもあります。また、例えば5回コース完了した方を対象に、非常に安い価格で1回ごとの施術料金を設定してくれるクリニックもあります。

このように、増毛化・硬毛化は、ホルモンの乱れとの関係は確認されていません。大半の方は増毛化・硬毛化が起きることはありませんが、万が一生じたときのサービスが充実したクリニックを選ぶと良いでしょう。

未成年でも医療脱毛の効果はあるか?

未成年の方が医療脱毛を受けても、脱毛の効果自体は変わりません。医療脱毛は、体毛に含まれる黒いメラニン色素が、特定の波長のレーザーに含まれる熱を吸収する性質を応用したものです。

医療脱毛は、黒い色素を持つ体毛が熱エネルギーを溜め込み、それが体毛を作る組織ごと破壊することで、理論上の永久脱毛が実現できる脱毛法です。このため、成人であれ未成年であれ、医療脱毛の脱毛効果は変わることがありません。

医療脱毛は、皮膚内部に存在して体毛を作る組織ごと破壊する仕組みです。ただし、思春期を終えていない方は、医療脱毛を受けたあとで、こうした体毛を作る組織が新たに形成される可能性があります。

その一方、成長期を過ぎたあとは、医療脱毛を受けることで、体毛を作る組織が新たに作られるということが無く、確実な脱毛効果を達成することができます。

医療脱毛は何歳から受けるのが望ましい?

ここまで見てきたとおり、未成年でも医療脱毛は受けられますし、成人と同様の脱毛効果が期待できます。その一方、成長期を過ぎる前に医療脱毛を受けても、その後に体毛を作る組織が作られ、新たに体毛が生えてしまう可能性があります。

このため、医療脱毛を受けるなら、体全体の成長が止まり、ホルモンの分泌が安定に向かう思春期以降の施術をおすすめします。個人差があるものの、目安としては、18~20歳以降に受けることがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク