脱毛サロンとは?

脱毛サロンとは、脱毛を専門に取り扱う医療機関では無いサービスを意味しています。エステサロンのエステとはエステティック、つまり痩身、脱毛、美白など全身のあらゆる美容術を指す言葉ですが、特に脱毛に特化した民間のサロンを脱毛サロンという場合が多く見られます。

また、脱毛サロンやエステサロンという場合の「サロン」とは、日本では一定のサービスを提供する店舗の名称として使うことが一般的です。特に脱毛の場合は、医療機関では無い脱毛サービスを提供する場合、脱毛サロンと呼ぶことがあります。

脱毛サロンの脱毛法

脱毛サロンの脱毛法は、フラッシュ脱毛(光脱毛)が一般的です。これは、皮膚の上から光を照射して、毛根の活力を弱める脱毛法です。

この仕組み自体は、医療機関(クリニック)が行う医療脱毛(医療レーザー脱毛)と同じです。どちらも、体毛に含まれる黒いメラニン色素が、レーザー(光)に含まれる熱を吸収し、溜め込まれた熱エネルギーが毛根にまで波及します。

ただし、脱毛サロンやエステサロンなど、医療機関以外の脱毛法は、法律上、医療行為に該当する行為が禁止されています。このため、フラッシュ脱毛は、医療脱毛で使われるレーザーに比べ、照射する光の出力が抑えられ、十分な脱毛効果を得られないと考えられています。

エステ脱毛は、毛根の活動を低下させたり、毛根を弱める効果にとどまり、根本的な解決策とはいえません。医療レーザー脱毛であれば、体毛のもとになる毛母細胞や、毛母細胞の細胞分裂を促す毛乳頭という組織ごと破壊することで、理論上の永久脱毛が実現します。

このため、脱毛サロンは、毛乳頭や毛の幹細胞を破壊しないレベルのエネルギーで施術を行い、永久脱毛ではなく減毛や除毛といった効果にとどまるサービスといえます。もちろん、医療機関以外では、「永久脱毛」を謳うことも禁じられています。

脱毛サロンは医療行為NG

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛は、医療レーザー脱毛ほどのパワーが無いため、永久脱毛と呼ばれる効果はありませんが、そのぶん、施術中の痛みや肌トラブルのリスクも比較的低いと言われます。

ただし、医療レーザー脱毛は医療行為であり、医療機関(クリニック)で医師や看護師という医療資格を持った専門家が施術を行います。これに対し、脱毛サロンの施術者は、統一された国家資格が無く、業界団体やNPO法人などの自主的なルールや民間資格に基づくものです。

さらに、脱毛サロンは医療機関では無いため、衛生上の管理や、痛み・肌トラブルが生じたときの医療行為も行うことができません。医療レーザー脱毛であれば、医師の診察や医薬品の処方など、適切な措置を受けることができます。

確かに脱毛サロンは医療脱毛より痛みを感じることが少なく、比較的気軽に受けやすいサービスといえます。ただ、衛生面であるとか、万が一肌トラブルが生じた場合のケア体制などを考えると、医療脱毛のほうがおすすめできます。

脱毛サロンの施術回数・期間

医療脱毛であれ、フラッシュ脱毛であれ、照射の効果があるのは成長期の毛だけです。そもそも体毛には、成長期→退行期(移行期)→休止期という成長サイクル(毛周期)があり、すべての毛が一度に脱毛されるというわけではありません。

また、毛の成長サイクルの期間を考慮すると、短期間で何度も施術を受けても、高い脱毛効果は得られませんし、肌トラブルのもとにもなります。すべての毛が成長期を迎えるタイミングで、適度な間隔と回数で施術を受けることにより、脱毛は完了します。

こうしたことから、どの脱毛法であれ、1回の施術で脱毛が完了するわけではありません。それでは、脱毛の完了まで、どれくらいの期間に何回受ければ良いのかという点については、施術部位や個人差(毛の濃さ、毛量)に違いがあるため、一概には言えません。

ただし、永久脱毛をもたらす高い照射出力ができる医療脱毛の場合、おおまかな目安としては、5回の施術で、ほとんどの方が満足できる程度に、大半の部位の脱毛が完了します。

その一方、脱毛サロンなど照射出力が弱いエステ脱毛の場合は、10~15回の施術が必要というケースが一般的です。

なお、毛の成長サイクルを考慮すると、どの脱毛法でも、おおむね2~3ヶ月(多いのは1ヶ月半~2ヶ月半)おきに施術を受けることが望ましいといえます。

これを考慮すると、医療脱毛なら5回×2~3ヶ月=1年~1年半、脱毛サロンなら10~15回×2~3ヶ月=1年半~2年半というところが目安となります。これは、ほとんどの方が満足と感じる目安であり、自己処理が不要な程度までの脱毛の目安です。

もちろん、照射部位や個人差次第でこれ以上かかることがありますし、なかには完璧にツルツルな脱毛を目指したいという方もおられます。その場合は、これ以上の回数がかかります。一般には、医療脱毛なら1~2年、サロン脱毛なら2~3年が目安といえます。

脱毛サロンの場合は、1回あたりの脱毛効果が低いため、医療脱毛と同じ効果を得ようとすると、どうしてもより多い施術回数が必要となります。このため、長い目で見れば、時間と出費というトータルのコストは、医療脱毛よりもかかる場合があります。

ここまで見てきたように、脱毛サロンのサービスは永久脱毛ではなく、減毛や除毛といった一時的な「制毛処理」にとどまります。施術回数や通院期間、医師による診察や肌トラブル時のケア、衛生管理などを考慮すると、医療脱毛のほうがおすすめできます。