生理中の医療脱毛はやめよう

生理中は医療脱毛は避けるべきですし、実際に生理中の施術はお断りするという医療機関(クリニック)も少なくありません。特にVIOやお尻といった生殖器周辺の部位は、絶対に避けるべきだといえます。

医療脱毛を生理中に受けたからと言って、その施術自体が医学的に問題があるということではありません。生理が始まったからといって、物理的には受けようと思えば受けられないこともありません。

しかし、生理中に医療脱毛を受けることが好ましくないのは、そうした生理中の施術そのものが身体に与える影響や、脱毛効果の程度ということではありません。

そうではなく、生理中のようなホルモンバランスが不安定な状態で医療脱毛を受けることは、深刻な肌トラブルの可能性が高いといえます。また、生殖器周辺の部位を生理中に施術することは、衛生上好ましくありません。

生理中の医療脱毛に関しては、ほとんどのクリニックでは、特にVIOやお尻といった部位は絶対NGという場合が見られます。これはやはり、生理は出血を伴うものですから、常識的に衛生上の理由から医療脱毛は避けるべきだと考えられています。

生理中の医療脱毛と肌トラブル

医療脱毛を受けることによって、ホルモンバランスを乱すということは考えられませんし、そうした事実が科学的に確認されているわけではありません。

体毛の発毛はホルモンの作用によるものですが、そのことと、「医療脱毛がホルモンバランスを乱すのではないか?」と誤解することは、全く関係がありません。これについては、医療脱毛は未成年でも可能か?で詳しく説明しています。

これとは逆に、生理中などホルモンバランスが不安定な時期に医療脱毛を受けることは、避けることが望ましいといえます。ホルモンバランスが不安定とは、体調も肌もデリケートになっており、身体が本来持っている自己防御能力が低下している時期です。

こうした状態で医療脱毛を受けることは、いつも以上に施術中の痛みを感じやすく、施術後の炎症・腫れ・むくれなどが大きく出やすい状況となります。医療脱毛はやけどの危険性が殆ど無いのですが、生理中はそうした肌トラブルのリスクが高まります。

生理中の医療脱毛は、やけどまで行かなくても、色素沈着によるシミが残ったり、炎症などが長引く可能性もあります。これは皮膚のバリア機能が低下しているためであり、生理中の医療脱毛はやめておくことをおすすめします。

医療脱毛のクリニック選びの参考に

医療脱毛では、予約日当日に生理が始まったという場合でも、予約の変更を受け付けてくれるクリニックもたくさんあります。予約キャンセル料が発生せず、施術コースの回数消化もカウントされずに変更してくれるクリニックもあります。

また、医療脱毛の施術コースの有効期限はクリニックによって異なります。生理だけでなく、さまざまなスケジュールの変更も想定して、なるべく有効期限が長いクリニックの受診をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク