施術者(医師・看護師)の対応も確かめよう

医療レーザー脱毛は、施術者(医師、看護師)の照射技術や対応も重要です。やはり、適当に扱われたり、マニュアル通りのことしかできない施術者よりは、心配りが行き届いた、患者の要望を柔軟に受け止める施術者のほうが望ましいといえます。

特に医療機関ではないエステサロンや脱毛専門サロンと呼ばれるようなところでは、施術を行うのは医師や看護師といった国家資格を持たない方です。そのなかには、十分な技術教育や経験を積んでいないスタッフが照射を担当することもあります。

また、大手のクリニックの場合でも、正社員だから全て良いとか、時間給のアルバイトだから全て悪いということはありませんし、医師や看護師は常勤・非常勤さまざまな雇用形態があります。

とはいえ、やはりアルバイトに数多くの施術をさせるところは考えものですし、正社員や常勤の施術者のほうが、責任が大きい立場にあるということはいえると思います。

施術者教育の取り組み

医療脱毛を行うクリニックのなかには、しっかりとしたスタッフ研修に取り組むクリニックも少なくありません。研修期間は3ヶ月だったり6ヶ月だったり、クリニックによって異なりますが、照射技術や脱毛に関する知識をきちんと学びます。

もともと医療脱毛では、医師や看護師といった医療資格を持っている方を採用するため、それを前提にして、医療脱毛で必要なスキルと基礎知識を集中的に習得してもらうクリニックが多いと思います。

また、研修を終えたあとも、その他の施術者とともに、定期的な勉強会を開いたり、スタッフミーティングを行うといったクリニックもあります。こうした取り組みは、スタッフによって施術に差が出ることの無いよう、より良い照射技術の共有をはかる取り組みといえます。

施術者の希望が出せるところもある

もしも、通っているクリニックで、医療脱毛の施術者に関して気になることがあれば、遠慮なく申し出ていきましょう。多くのクリニックでは、より多くの患者さんが快く施術を受けるため、改善に取り組んでいくと思います。

また、クリニックのなかには、看護師の希望がある場合は、予約時に申し受けてくれるというところもあります。予約の混み具合との兼ね合いがあるため、全て通るとは限りませんが、希望に添えられるように努力してくれるクリニックもあります。

採用情報とカウンセリング

医療脱毛のクリニックで、施術者の技能が気になる場合には、それぞれのクリニックの職員採用サイトを見てみるのも良いかと思います。そのクリニックが、どのような人材を求めているか、どのような待遇を用意しているかは、結局はそのサービスを受ける品質にも反映されていくと思います。

また、そのクリニックの施術者(医師、看護師)の雇用形態(常勤・非常勤、正社員かどうかなど)、応募資格(年齢や実務経験の有無など)、研修制度・スキルアップ制度などを見るだけでも、どのような施術者が採用されているのか手がかりとなります。

ただやはり、施術者の照射技術だけでなく、実際のクリニックの雰囲気やスタッフの印象というものは、実際に受けてみないとわからないという部分も大きいと思います。

単に照射技術が優れているというだけでなく、どれだけ個々の患者の要望や質問にまともに答えてくれるかや、施術中の声掛けといった気配りなど、自分にとっての相性というものは、本人にしか感じられない部分が大きいといえます。

医療脱毛のクリニックを選ぶ際には、ただウェブサイトや広告などの情報を鵜呑みにするのは考えものです。多くのクリニックでは、初回のカウンセリングは無料ですし、カウンセリングだけ受けて帰宅することもできます。

また、医療脱毛のクリニックでは、いきなりコースに申し込むのに抵抗がある場合、お試し照射や1回分のトライアル脱毛といったメニューを用意しているところがたくさんあります。

こうした1回だけのメニューやカウンセリングを活用し、さまざまなクリニックの雰囲気や感触を感じ取った上で、どこが最も自分に合うクリニックか選ぶようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク