医療脱毛はシミが出来るのか?

医療脱毛でシミが出来ることは、全くのゼロではありませんが可能性は非常に低いケースといえます。ここでは、医療脱毛とシミの関係について取り上げ、実際はどうなのかという点を説明します。

医療脱毛と肌トラブルへの対応

医療脱毛は、体毛に生じさせた熱エネルギーが、毛乳頭や毛母細胞など毛根を構成して体毛を生成する組織ごと破壊することによって、理論上のいわゆる永久脱毛という効果を実現する非常に優れた脱毛法です。

この熱を使った脱毛の原理は、レーザー脱毛でも針脱毛でも同じです。脱毛部位にレーザーを照射するか、1本1本の毛穴ごとに針を差し込んで電流を通すかというアプローチが違うだけです。

このため、どちらの医療脱毛も、皮膚にも熱エネルギーが及ぶことがあり、施術直後の炎症、痛み、むくみなどは誰にでも起こりうることです。大半の方は長くても2~3日で治まります。もしもそれ以上続く場合は、医師に相談して適切なケアを受けましょう。

その一方、医療脱毛に伴う熱が、皮膚のヤケドを招いたり、色素沈着を誘発することがあります。確率的には非常に低い頻度ですが、こうした肌トラブルが元で、シミとなって肌に残る場合があります。

これらさまざまな肌トラブルを予防するため、医療脱毛の施術中は冷却措置を並行して行い、皮膚が熱を持ちすぎないようにします。また、施術の前後で軟膏やクリームが処方され、肌のケアが行われます。

体毛に熱を生じさせて脱毛するという原理は、医療機関以外のエステ脱毛(光脱毛、フラッシュ脱毛など)も同じですし、これらも医療脱毛と同様に肌トラブルのリスクがあります。

脱毛に伴うシミの予防や治療に、医薬品(軟膏、クリーム、内服薬など)を処方できるのは医療機関だけです。医師の診察のもと、医療行為として適切な指導を受けることができるのも、医療機関で行う医療脱毛だけです。

エステ脱毛の場合、いわゆる永久脱毛を行うことは法律で禁じられており、確実な脱毛効果が得られません。その上、冷却措置やジェルを使うことがあっても、肌の保湿や補修の効果を持つ医薬品の処方を行うこともできません。

医療脱毛でもシミを生じるリスクがあるものの、その可能性は非常に低いものです。その上、施術の前後で肌トラブルの予防措置がとられ、万が一シミやヤケドなどの症状が続いた場合は、皮膚をケアするお薬の処方など、適切な診療を受けることが可能です。

医療脱毛がシミの原因とは限らない

医療脱毛が直接シミを生じさせたわけでは無いが、医療脱毛をきっかけにシミが出来やすくなったり、元からあったシミが目立つようになったという場合もあります。

医療レーザー脱毛であれ、針脱毛であれ、「医療脱毛そのものがシミの原因になる」という表現は正確ではありません。「医療脱毛によってシミが生じやすくなった状態を放置したまま紫外線を受け続けると、通常以上にシミが出来やすくなる」という表現が、より適切だと思います。

医療脱毛を受けた大半の方は、施術直後に腫れや炎症が生じるものの、長い方でも2~3日で症状が治まります。シミが残る可能性は、皆無ではありませんが、とても低いといえます。

シミが残るかどうかは、医療脱毛に伴う肌ケアと日焼けへの対応が大きく左右します。医療脱毛を受けた箇所は、通常以上に紫外線対策を行い、色素沈着によってシミが残らないように十分注意すべきです。

その一方、脱毛によって肌の状態がよりクッキリとわかりやすくなり、今まで目立たなかったシミが目に見えるようになるというケースも少なくありません。ケガやヤケドなどの傷病のあとや、カミソリ負け、毛抜きのあとなど、色素沈着を通じてシミが残る場合は少なくありません。

医療脱毛を続けていて脱毛の効果が徐々に明らかになり、肌の表面がひと目で分かるようになると、自分では気づかなかったシミが目立つということもあります。医療脱毛を継続していて出てきたシミのすべてが、施術に起因するものとは限らないことは留意しましょう。

医療脱毛とシミ対策

医療脱毛におけるシミ対策は、施術中の冷却措置によって肌や皮膚組織が熱を持ちすぎないことが挙げられます。また、脱毛部位に肌の保湿・補修効果がある軟膏・クリームを塗布することも有効です。

クリニックによっては、施術後にもこうした効果がある塗布薬を処方したり、こうした薬を追加料金無しで提供してくれる医療機関があります。万が一、シミ・痛み・炎症が数日たっても残ったり、ヤケドを負った場合も、医師の診察のうえ、適切な処方や措置を行うことができます。

もちろん、医療脱毛を受けた方は、自分で出来るシミ対策も可能です。なんといっても、強い日差しを避け、服装にも気を配り、日焼け止めを塗布するなど、UV対策を行うことで、色素沈着からシミが生じる可能性を下げることができます。

このほか、毛を抜くことは極力避けるべきです。毛抜きは毛根を傷つけ、傷口から色素沈着によってシミが出来やすくなります。ヒゲなどを剃る場合も同様の理由から、特に深剃りには注意すべきです。

ヒゲを剃る場合は、カミソリよりは電気シェーバーのほうが、肌を傷つけにくく、肌荒れやシミを生じさせるリスクは低いといえます。もちろん、顔を剃ったあとも、UV対策など肌ケアをしっかり行いましょう。

スポンサーリンク