医療脱毛前の剃毛は必ず必要か?

医療脱毛を受ける際に、毛を剃ってきてくださいというクリニックがあります。これは、医療レーザー脱毛の場合、皮膚の上から照射して皮膚内部の体毛の黒いメラニン色素に熱をもたせ、体毛を生成する組織ごと破壊する仕組みのためです。

医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素が一定の波長のレーザーに含まれる熱を吸収するという性質を応用したものです。皮膚の上から照射することで、皮膚内部の体毛が熱を溜め込み、その熱エネルギーが体毛を作る組織ごと破壊します。

しかし、体毛が生えそろっている状態で医療レーザー脱毛を受けると、皮膚の表面に出ている毛の色素が熱を吸収してしまい、ヤケドのリスクが高まります。

それだけでなく、皮膚内部の体毛が熱エネルギーを吸収しきれず、体毛を作る組織(毛乳頭、毛母細胞、あるいは、バルジ領域の発毛因子)にまで十分な脱毛効果が及びません。

こうしたことから、脱毛の前に剃毛して来るようにお願いするクリニックでは、皮膚内部の毛から波及する脱毛効果を十分に得るために、体表に出てきている体毛は処理してもらうようお願いしています。

剃らずに来てくださいと言われるとき

その一方、医療脱毛のクリニックのなかには、剃らずに来院してくださいとお願いするクリニックもあります。これは一般的には、毛の量や毛質を確かめたうえで施術を行うためと考えられます。

剃毛をお願いするクリニックでも、初回のカウンセリング時には、発毛状態を確認し、これを踏まえた施術の方針を判断するため、剃らずに来てくださいとお願いされることが多いと思います。

今まで自己処理で剃毛していた方も、目安としては毛先が確認できる程度で良いので、おおよそ2週間前には自己処理をいったんやめておくことをおすすめします。最低でも、毛足が見える程度には残しておきましょう。

剃り残しがあった場合

医療レーザー脱毛の場合は、前もって自己処理で剃毛をお願いされるところが多いと思います。剃り残しがあった場合は、クリニック側で剃毛を行う場合があり、クリニックによっては別途「剃毛料」が発生するところがあります。

クリニック側で剃毛を受ける場合、クリニックが用意した電動シェーバーや使い捨てカミソリで受ける一方、自己処理の剃毛が難しい部分など、自分で電動シェーバーやカミソリを持ち込んでお願いできるところもあります。

医療脱毛のクリニックは衛生管理がしっかりした医療機関ですが、感染症などが心配であれば、自分で持ち込めるかどうかカウンセリング時に確認しても良いと思います。

もちろん、剃毛料などが一切かからず、コース料金以外の追加費用は全く不要でクリニック側の剃毛が受けられるクリニックもあります。医療脱毛のクリニックを選ぶ際は、こうした点も考慮して良いと思います。

なお、自己処理で剃毛を行う場合も、毛抜き、脱毛クリーム、脱毛ワックスなど、毛穴や皮膚に負担がかかる方法は絶対にやめましょう。特に毛抜きは、毛穴を傷つけることで感染症のリスクが高まりますし、毛周期を乱すことにもつながります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク