ビキニライン(Vライン)・肛門周り(Oライン)の脱毛

今回は医療脱毛(主に医療レーザー脱毛)を想定して、ビキニライン(Vライン)と肛門周り(Oライン)の脱毛を説明します。

これらの部位は、女性向けのクリニックでは女性スタッフが施術するのは当然ですが、男性向けのクリニックでも男性スタッフが施術するところが増えてきています。

ビキニライン(Vライン)の脱毛

ビキニラインは、Vラインとも言われます。ビキニラインの脱毛の範囲は、両腸骨稜をまっすぐ結んだ線より下で、鼠毛部(足の付け根)より上です。

これは、おおよその目安としては、ショーツに隠れる部分であり、下腹部や恥骨周辺を含むことが一般的です。ただし、肛門や性器とその周辺は含みません。さらに、実際の施術範囲は医療機関によって異なるため、事前にきちんと確認しましょう。

医療脱毛では、ビキニライン、性器とその周辺(女性の場合はIラインとも言います)、肛門とその周辺(Oライン)は、別々の部位とみなす医療機関(クリニック)が一般的です。

ただ、実際には、Vライン・Oライン・性器周りをセットで申し込む方が多く、クリニックの側でもこれらをセットにしたコースを提供することが多く見られます。

ビキニラインとひとくちにいっても、大部分は平たい部分ですが、性器・肛門・太ももとの境目は施術が難しい部分です。

多くのクリニックでは、ビキニラインの平たい部分は照射口の広いヘッド、境目の部分は照射口の小さなヘッドを使い分けます。これにより、それぞれのラインを綺麗に仕上げ、毛の量を不自然にならないように調整することができます。

ビキニラインの脱毛は、非常にさまざまな要望が多い部位です。完全にツルツルにしたいという方が多い一方で、自然に毛の量が薄くなる感じが良いと思う方もいれば、ビキニラインからはみ出る毛をなくしたい、太ももの毛と繋がってる部分をなくしたいなど、個別の希望がたくさん出やすい部位でもあります。

ビキニラインはとてもデリケートな部位ですし、多種多様な脱毛の程度や毛の量に関する仕上げ具合を調整してくれる医療機関(クリニック)が少なくありません。理想的な脱毛に近づけることが出来るのは、医療脱毛の大きな強みといえます。

Vラインの脱毛の痛み

ビキニライン(Vライン)の脱毛は、施術中の痛みがとても強く出やすいところでもあります。平均的な施術時間は30分程度というケースが一般的です。

施術中の痛みを強く感じることが無いように、ビキニラインの照射中にこまめに声掛けを行ったり、クーリング(冷却)を徹底したり、痛みを感じにくいところから始めていって慣れていくといった取り組みを行うクリニックもあります。

それでも、どうしても我慢できない痛みを感じる時のために、安全な麻酔を用意しています。これらは医療機関だからこそ出来るケアであり、詳しくは医療レーザー脱毛の痛みと軽減策で説明しています。

肛門周り(Oライン)の脱毛

肛門とその周辺はOラインとも言われます。衛生上の理由から脱毛を希望する方が増えている人気の高い部位です。施術の範囲は医療機関(クリニック)によって異なるため、事前にきちんと確認しましょう。

なお、肛門の粘膜の部分は施術できません。粘膜ギリギリまで施術してくれるクリニックが多いのですが、粘膜ギリギリの部位は施術してくれない所もあります。ここも、しっかり確かめておきましょう。

肛門周辺は色素沈着が多く、肌が黒ずんだ部分です。このためデリケートというだけでなく、ヤケドのリスクも高い部分です。それでも、医療レーザー脱毛で肛門周りまで施術OKというところが、徐々に増えてきています。

医療レーザー脱毛では、施術前に剃毛してくださいというクリニックが多いと思います(詳しくは、医療脱毛を受ける前の注意点で説明しています)。それでも、肛門周りは自己処理が難しい箇所です。

ただ、合わせ鏡を使うなど、出来る限り自己処理は行っておくことをおすすめします。施術する時間が決まっているクリニックでは、その場で剃毛にかかったぶんだけ、十分な照射に時間を割いてもらえない可能性があります。

もちろん、無理に自己処理をしようとしてケガをすると元も子もありません。傷口が生じた時は感染症のリスクが高く、衛生面から医療レーザー脱毛を受けるべきではありません。手の届かない範囲は、クリニックでお願いしましょう。

なお、剃り残しの剃毛を受ける場合、剃毛料が発生するクリニックもあれば、追加費用は一切不要で別途料金が発生すること無く剃毛を受けられるクリニックもあります。当然ながら、後者のほうが良心的といえます。

このほか、肛門の脱毛を受け続けている間は、排便後に強くふきすぎないようにしましょう。大きな摩擦を生じさせることは、レーザー脱毛の影響で抵抗力が弱まっているお肌のトラブルを招くもととなります。

痔を患っている方でも、医療レーザー脱毛を受けることは可能です。レーザー脱毛を受けたからといって、痔が悪化することはありません。

ただし、痔を患っていることで、脱毛の施術中に激しい痛みを感じることがあると思います。こうしたことから、できればレーザー脱毛を受ける前に、痔の治療を済ませることをおすすめします。

Oラインの脱毛と痛み

黒ずんだ肌が多いということは、肛門周り(Oライン)はヤケドなど肌トラブルのリスクだけでなく、施術中の痛みも極めて強いところだといえます。平均的な施術時間は30分程度という場合が一般的です。

肛門周辺は、お肌が平たく広がったところではなく、皮膚が軟らかい所でもあります。これに加え、施術中は痛みや恥ずかしさから力が入りやすく、力が入ると照射ができないため、打ち漏れが生じやすくなります。

力が入ったりこわばったりするのは、条件反射によるところも大きく、本人の意識ではどうしようもないため、気にする必要はありません。クリニックによっては、こまめな声掛けでリラックスしてもらったり、照射部位以外はタオルで隠すといった工夫を行うところが多く見られます。

一般的には本人のペースに合わせて急ぐこと無く、お尻を少しづつずらしたり徐々に広げながら照射を行うクリニックが、心配りの行き届いた良心的な医療機関といえます。

声掛けの徹底だけでなく、最初は痛みを感じにくいところから始めて徐々に本人の様子を見ながら痛みが大きな肛門に近い部分に向かっていくクリニックもあります。このように、なるべく痛みを軽減する取り組みが行われます。

それでも痛みが我慢できない場合には、麻酔を使うことができます。麻酔措置は医療機関だからこそ出来る対応ですし、やはり医療レーザー脱毛の痛みと軽減策で詳しく説明しています。

ただ、肛門周りの脱毛は、うつ伏せの状態で施術することが一般的であり、笑気麻酔が使えないことが多いと思います。

Oラインの脱毛後は、古い毛が抜けるまでの1~2週間の間は、チクチクと感じる方もおられます。ただ、レーザー脱毛を繰り返していくうちに、新たに生える毛は細く、こうした毛の発現量自体が減少して脱毛が実現するため、チクチクした感じも徐々に低下し、やがては無くなっていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
部位別のポイント
医療脱毛ガイド